3周目、再びスタート

7月29日から再出発します。出発5日前にしてやっと決まりました!ヨーロッパ行ってきます。

今回はANAのマイルを使用。

7/29 成田~パリ(ANA)

9/29 フランクフルト~成田(ルフトハンザ)

Cクラス、ひとり90,000マイル。サーチャージと税金はひとり62,890円。このサーチャージがあるせいでお得感が少ない・・・。

今回は少し早く9月中には帰国予定。9月末っていうのがJALもANAもなかなか空席がなく、ワンワールド系列のフィンランド航空とスターアライアンス系のルフトハンザ航空にやっと空席があり、ルフトハンザに決定。

また日本に帰るプランにしましたが、年末から北米、南米を回って、そこでようやく3周目完了となるはずです。

参考までに、マイルのことを少し。

JALで片道違うクラスを選択した場合、両方の2分の1のマイルを合算した額が必要マイル数。私達が視野に入れていたルート&クラスは、

行き Cクラス 成田~パリ(85,000マイル)

帰り Yクラス パリ~成田(55,000マイル)

つまり、この場合の往復必要マイルは42,500+27,500=70,000マイル。

タイ航空だと、マイル数の多いクラスに合わせるので、JALはやっぱり良心的ですね。

以前も書いたように、来年2月に有効期限が切れるマイルを含む特典航空券(シカゴ線)を既に発券しているので、これを有効に活用しようと考えた案・・・出発地と到着地を入れ替える。これはダメでした。ルートの変更は一切認められないと書いてあったのでダメもとで聞いてみたんだけどやっぱりダメ。入れ替えるのもルートの変更に該当するんですね。

ちなみに、この案が通れば、

日本→ヨーロッパはANAのマイル(往)
ヨーロッパ→アメリカはヴァージンアトランティックのマイル(往)
アメリカ→日本→アメリカは上述のJALのマイル(往復)
アメリカ→ヨーロッパはヴァージンアトランティックのマイル(復)
ヨーロッパ→日本はANAのマイル(復)

・・・・という3つの会社の特典航空券を組み合わせるというものでした。これが通った時のメリットは、JALの有効期限を気にしなくて良くなること、デメリットは予定より1往復多いヨーロッパ路線が無駄。

今回の大まかな予定ですが、まずはパリでお買い物をして、2ヶ月ほぼフルに使ってイタリアを周遊、マルタまで行きます。

guide books

小笠原、北欧のガイドブックは今回出番なしです・・・。

ガイドブックの電子化はこちらに書いてます。

出発まであと4日。パリのケーキ屋さん調べなきゃ。

2 コメント

  1. こんばんわです。
    長い一時帰国が終了し、3周目の再開ですね。
    イタリアをまわられると言うことは、毎日、ピザとパスタですか?
    では、ブログのアップ楽しみにしています。
    では、気をつけて行ってらっしゃいませ。

    • ABさんへ

      こんにちわ。
      気がつけば帰国から4ヶ月も過ぎていました・・・!なんだかんだあっという間でした。
      イタリアではピザもパスタもジェラートもたくさん食べます!
      では、行ってきます。

コメントを残す