イグアスの滝 満月の夜の虹

【2013年4月25日の日記】

アルゼンチンのプエルト・イグアスからブラジルのフォス・ド・イグアスに移動。国境越えのバスで40分。国境審査も含めた時間。荷物チェックはなくパスポートコントロールのみ。ブラジルのスタンプゲットです。国境越えのバス代はひとり60ARS。40分に1本程度はあったと思います。

ブラジル側のイグアスでは、ホテル・ダス・カタラタスに宿泊。

ここに宿泊したのには理由があります。それは、夜も公園内を自由に歩けるから。そしてこの日は満月。満月の夜にだけ見られる光景があるんです。その光景が見たくて、他の観光地を削り、日程を合わせてこの時この場所にいます。ホテルについてはまた改めて。

満月の夜、月明かりでイグアスの滝に虹がかかるんです。ウユニ塩湖の星空と同じように今回楽しみにしていたもののひとつ。

↓ ダス・カタラタスの夜景。

hotel das cataratas 夜景

午後8時頃には雲があったけど、すぐに晴れてこの通り、完璧な満月。

イグアスの満月

この日、日本でも綺麗な満月が見られたそうです。

↓ ホテルを出て、坂を下ること5分。展望台に到着。そこからバッチリ見えました!

満月の虹 イグアスの滝

満月の月明かりだけで見えている虹。

満月の虹

満月の虹

午後8時すぎが狙い目。月がまだ高く昇っていないほうが大きな虹が見られるような気がします。

↓ 午後11時頃にもう一回見に行った時の写真。この時も虹がかかっていますが、虹の半径が小さくなってました。

満月の虹

↓ イグアスの滝の夜景。水が絹みたいに見えます。ブラジル側の観光用の桟橋は水しぶきがガンガンかかるのでカメラは壊す覚悟で・・。

夜のイグアスの滝

ブラジル側のイグアスの滝を見るために整えられたトレイルならどこでも自由に散策可能。真っ暗なのでトレイルを歩くなら懐中電灯は必須です。

↓ ホテルの前から。

イグアスの滝の夜景

満月の日を含め、前後5日間はアルゼンチン側、ブラジル側、どちらからもフルムーンツアーというのが開催されています。なので公園内のホテルに泊まらないと見られないわけではありません。
私たちは、この光景を本当に見たいと思っていたので、予備日のようなものを予め設定していました。それが昨日。事前情報では、アルゼンチン側とブラジル側、どちらが夜の虹が出やすいかがハッキリ分からなかったんです。
なので、昨日アルゼンチン側が開催しているフルムーンツアーに参加しました。

↓ アルゼンチン側からのフルムーンツアー。午後9時ごろに公園に集合。

イグアスの滝の夜景 アルゼンチン側

フルムーンツアーの参加者は思ったよりもはるかに多かった。夜の公園をあの可愛らしい電車で走るのも楽しい。

悪魔の喉笛の夜景。

アルゼンチン側イグアスの滝 フルムーンツアー

虹は・・・出てない!

アルゼンチン側イグアスの滝 フルムーンツアー2

フルムーンツアーは食事付きと食事ナシのプランがありますが、私たちはナシで。シャンパンのサービス。フルムーンツアーの詳細はこちらを参考に。夕食なしなどひとりARS250。往復のバス代は昼間と同じく別途必要ですが、入園料は昼間払った時にもらうチケットでOK。

アルゼンチン側イグアスの滝 フルムーンツアー3

 

経験からのまとめとして・・・

満月の夜の虹を見るなら、ブラジル側が見やすいと思います。アルゼンチン側は悪魔の喉笛のみ観光できるんだけど、月が悪魔の喉笛の正面なので、虹はかかってても見えないんじゃないかな。虹が出る原理は太陽と同じだと思います。あと、ツアーだと観光時間が20分程と短い。観光時間が短いのは事前に知っていたので、1日3回開催されるうちの最終回(21:30分~)なら時間に余裕があるかなって思って最後にしてみたけど、20分は20分でしたね。
ブラジル側は月を背にできる場所が多いので、虹を見られるスポットが1箇所じゃないんですが、ブラジル側からのフルムーンツアーに参加した場合、行ける場所は展望台のみ。(桟橋には降りられる) これも観光時間は20分程度です。展望台からは虹が見えていたので、フルムーンツアーに参加して夜のイグアスを観光するなら、ブラジル側のほうがいいような気がします。

やっぱりベストはブラジル側の公園内にあるホテルに宿泊することだと思います。自分の好きな時間に好きなだけ滝を満喫できます。
ホテルの人に『夜の虹見てみたい』って言った時の受け答えがとても頼もしく、『もちろん見られるよ!』って。アルゼンチン側のツアーガイドさんは『見れたらラッキー』って言ってたので、この差にびっくり。
実際、ホテルの人の言うとおり、あっさり見れたので、もしイグアスの滝に泊まるのが満月の日ならば、奮発してダス・カタラタスに1泊もいいと思います。
ちなみに、アルゼンチン側にも公園内に建設されているホテル、シェラトンがあります。ダス・カタラタスに比べると若干安いんですが、滝から少し遠いのが難点。私たちは泊まっていないのでなんとも言えないですが、後日ヘリから遊覧した時に、遠いな・・・と感じました。

次は日中のブラジル側のイグアスの滝について書きたいと思います。

10 コメント

  1. きれいですね、月で虹が出るなんて・・・・。
    月明かりがあるとはいえ、真っ暗ですよね。公園内に夜行動物などはいないんですか? 動物の声とかも聞こえないのかな、滝の音と虹と満月だけですか? すごく幻想的で滝も昼間の写真とはまた違う流れで、感動しました。

    • akikoさんへ

      月の光で虹がかかる・・・気が付きそうで気が付かないことでした。
      夜の虹はロマンティックです。思わず願い事を唱えてしまいそうに。
      夜の公園内にも動物はいるようですが、静かにしています。イグアスのジャングルにはピューマも生息してますが、人がいるところには現れないそうです。ピューマは夜行性なので期待したんですが。
      夜のイグアスは、昼間とは匂いが違います。アルゼンチン側の電車で移動している時、受ける風と一緒にジャスミンやランの花の香りを強く感じました。
      ブラジル側にはお猿さんや可愛い鳥がいたんですが、朝と夕方にまとめて動くという感じでした。

      あ・・・先週赤坂のしろたえに久々に行って来ました。
      シュークリームはやっぱり売り切れでしたが、久々に食べるあのレアチーズケーキに夫が感動していました。

  2. そうですか、昼と夜のにおいが違うんですか・・・胸いっぱい吸い込んでみたいなあ。
    ハナグマ、お猿さん、コンドル、いろんな生物がいて、滝と共存してる感じですね。アルゼンチンとブラジル、隣り合っていても雰囲気が違うんですね、ピューマはさすがにまずいんじゃないですか、遭遇しちゃったら。カリフォルニアの友達の家の周りはコヨーテがよく出て猫がやられたりしてました。
    しろたえ、そうなんですよ、最近シュークリーム買えないことが多い。チーズケーキ、私も必ず買います。このふたつは必須ですよね。私が気付くのが遅かっただけかもしれないですが、こないだのバレンタインくらいから、チョコレートが常設されているみたいです。まだ食べたことないですけど。
    お猿さんは警戒心が強いと思うので、野生のお猿さんがお食事してるところをこんなに近くから見られるなんて感動です。また、いろんな写真とレポート、楽しみにしています。

  3. こんにちは。お邪魔しております。
    すばらしい写真ですね。思わずコメントせずにはいられませんでした。
    満月と虹の写真に思わず主人を呼んでうっとりと見ました。
    行きたい場所の一つになりました。

    • marikoさんへ

      コメントありがとうございます!
      行きたい場所が増えて何だか私達も嬉しいです。
      月夜の虹は晴れていれば絶対見れるという保証はないですが、水量がそこそこ多い時期のブラジル側がオススメです。
      また遊びにいらしてくださいね。

  4. イグアス(ダス・カタラタス泊)に行こうと思っております。
    月夜のイグアス、素晴らしい写真ですね。
    撮影モード(絞り、シャッタースピード)などを教えて下さい。

    • miyokoさんへ

      コメントありがとうございます。
      【撮影モード】
      絞り値: f/3.5
      露出時間: 25~30秒
      ISO: 100

      ISOや露出時間はまちまちで様子を見ながら撮影しました。
      三脚を使用しましたが、足場がグレーチング(網状)なので固定するのが大変な上、水しぶきがカメラにかかりますので防水対策を。

      素敵なナイトレインボーが見れるといいですね!

  5. 早速、ご教示いただき、ありがとうございました。
    私たちが行く日も満月(の翌日?)みたいなので、楽しみが増えました。
    「防水対策を」とのことですが、防水対応のカメラは持っていません。
    (ニコンの一眼レフとソニーのサイバーショット(コンデジ)を持参予定)
    やはり防水対応でないと無理でしょうか。
    因みに、sachiko様が使用されたカメラの種類をご教示いただければ幸いです。

    • miyokoさんへ

      使用機種はSONY NEX-5N+18-200mm F3.5-6.3 OSS SEL18200です。
      私達も防水カメラやハウジングは使用せず、このカメラを壊す覚悟で水しぶきに耐えさせました。
      ホテルのタオルを持ち出して、こまめに拭きながら手で錆びつきそうな部分を守りつつ頑張りました。
      今もイグアスで活躍したカメラは健在です。若干挙動不審ですが撮影には問題ありません。
      露出時間も長めなので水しぶきは避けられない為、こまめに拭くのが対策でしょうか。傘を借りる手もありますが、水しぶきは多方向からかかるので万全ではないかと思います。(ないよりマシかもしれません)
      私達は軽さを優先した三脚を持って行ってたのですが、各トレイルには高さ1メートルほどの柵があるため、それ以上の高さに対応できる三脚がお勧めです。私達の場合は柵の高さと三脚の高さがほぼ同じで苦労しました。

      ブラジル旅行、お天気がいいといいですね。
      お気をつけて、行ってらっしゃいませ。

  6. 不躾なお願いにも関わらずお答えいただきありがとうございました。
    三脚のことなど大変参考になりました。
    まだ時間があるので夜景撮影について勉強します。
    本当にありがとうございました。

コメントを残す