ウィーンからケーキをお取り寄せ

オーストリアにあるホテルザッハーのザッハトルテはお取り寄せができます!

ホテルザッハーのサイトにオンラインショップがあるのでそこから買えます。オーダーしてから7営業日以内に届くので意外と早くて嬉しいですね。

たっぷり食べたい・・・ってことでサイズⅢ(22cm/1.6kg) 44.9ユーロのものを2つ注文。

DHLの空輸便で、この場合の送料は84.56ユーロでした。1.6kgのサイズのものを1個だと送料は46.11ユーロ。1個だけ買う場合は送料のほうが高い。

トルテの価格、送料とも変動がありますが、参考までに書くと、
サイズⅠの31.5ユーロを1個注文する場合の送料は36.6ユーロ、同じサイズを追加する場合は+24.1ユーロ。
サイズⅡの38.9ユーロを1個注文する場合の送料は46.11ユーロ、同じサイズを追加する場合は+33.94ユーロ。
サイズⅢの44.9ユーロを1個注文する場合の送料は46.11ユーロ、同じサイズを追加する場合は+38.45ユーロ。
サイト内のDelivery Rateの項目に送料について詳しく書かれています。

hotel sacher空輸

ホテルザッハーお取り寄せ

ザルツブルクではなくウィーンから常温で届きます。

帰国してから2週間ほど、毎日食べ続けたザッハトルテ。連日このケーキとコーヒーでおうちカフェ。幸せ~。

↓ 夫が最近ハマっているもの。エスプレッソマシーンです。最初は写真左側の丸っこい形をしたネスレグストを使っていたのですが、なんとなく物足りなくなり、写真右のほっそりしたネスプレッソを購入。ラテが作れるエアロチーノ(写真中央)もついでに購入!

ネスレグストとネスプレッソ

ネスプレッソのカプセル全種類セット(10個1パック×25本)は初回限定版。250杯分も賞味期限以内に飲みきれるかなぁ・・・と思ってたらあっという間になくなりました。

ネスプレッソ初回限定

ネスプレッソマシーンのアクセサリーは何だかちょっとオシャレでついつい買ってしまいます。

Nespresso2

色々使ってみて今はこの全種類2個つづ入るこの箱↑ と、写真とは別のウォールディスペンサータイプを使ってます。

エスプレッソマシーンの魅力は、田舎暮らしだからこそ実感できるものかもしれないですね。都会だと家や会社の近くにカフェがあるだろうから。

ちなみに午後4時までにネットでカプセルを注文すると翌日に到着します。ここもお気に入りのポイント。

そして最初に使っていたネスレグストはお払い箱となりました。

↓ これはコンラッド・モルディブの部屋にあったエスプレッソマシーンとカプセル。

コンラッドモルディブの部屋にあった

コンラッド東京のラウンジにも。最近はこれを置いている場所が増えましたね。会社や銀行などでも見かけます。

来月からのヨーロッパ、イタリアと北欧って思ってるけど、ザッハトルテ食べにまたウィーンかザルツブルクに寄ろうかなぁ・・・と呟く夫。そんな好きなのかぁ。

↓ これは一応私が作ったザッハトルテ。どうやったらホテルザッハーみたいなザッハトルテが出来るんだろ・・・。

手作りザッハトルテ

手作りザッハトルテ2

そんな夫とも先日木婚式を迎えました。木婚式ってことで・・・夫婦箸を。縞黒壇の八角削り。お箸も色々奥が深いんですね。

↓ 一度取り寄せてから何度も取り寄せてます。

hotel sacherオンラインショッピング

hotel sacher

クグロフも取り寄せてみました。

ザッハーお取り寄せ

スパイシーなクグロフ。歳を重ねるごとにこの味わいが好きになりました。

ザッハーのクグロフ

ザッハーのザッハトルテは濃厚で、大好きな私達でも一度に30度以上の角度で切り分けた量を食べると気持ち悪くなるけど、時々無性にここのザッハトルテ!って気分になるんです。デメルやカヤヌマ、レ・ザンジュ、リリエンベルグなども好きだけど、なんとなくいつも戻ってしまいます。

7 コメント

  1. こんばんわです。
    木婚式おめでとうございます。

    月曜日にICERANDより帰って参りました。今回のIcerand、連日晴れて、なんと日焼けをしてしまいました。7割は、天気が悪いと覚悟をしていきましたが、嬉しい誤算でした。Isafjordurから船でHornvikに行くDayTourに行ってきました。このツアーなんと12時間かかります朝9時に出発して3時間近く掛けて船で行き6時間ぐらいハイキングをし、また3時間ぐらいかけて船で帰ってきます、時間は夜9時近くになりました。が、ここは北極圏白夜です。まだまだ明るかったです。宿に戻り寝るのが12時近くになっても明るいです。カーテン引いてアイマスクして寝ました。
    このツアー、標高は低いですが山に登り景色を楽しんだしおすすめです。
    あ、上陸にはボムボートを使います。

    • ABさんへ

      お帰りなさい。お天気に恵まれた楽しい旅だったようで何よりです。
      Hornvikの岬はアイスランドを象徴するようなダイナミックなところですね。
      アトランティック・パフィンという海鳥には会えましたか?ペンギンとカモメとオウムを合わせたようなタレ目の・・・。
      地の果てと言われる場所でいつか会ってみたいです。
      所要時間12時間と長いツアーで出発時間が朝9時とは、白夜ならではでしょうか。
      往復6時間のボート移動、ハイキング6時間はなかなかハードですが、かなり魅力的な内容です。
      アイスランドの情報はとても少ないので嬉しい情報です。ありがとうございます。
      それにしても・・・アイスランドの地名は読み方難しいです!

  2. こんばんわです。
    Icerandの地名ほんと読みにくいですね。
    Icerandの情報非常に少ないです。私もネットが頼りです。
    いまでは、サイドバーのブックマークにIcerand関連のHpが沢山増えました。
    後、Icerandの内陸部も面白いです。バスで橋のない川をざぶんと渡ったり、川の中の温泉にも入れますよ。
    アトランティック・パフィン、おみやげ用のぬいぐるみいっぱいいました。実物は、みれてないかもです。

    • ABさんへ

      こんにちわ。
      アイスランドではワイルドな体験がたくさんできるのですね。
      川の中の温泉に心揺らぎます。たっぷりのお湯と壮大な景色に囲まれたら気持ちよさそう!
      アイスランドは行ってみたい国のひとつで、できれば暖かい季節がいいので今回行きたいですが、出発が遅くなったので無理かもしれません。でも絶対そのうち行きます~!

  3. こんばんわです。
    アトランティック・パフィン、ネットで確認をし、ICELANDで撮影した写真を見ていたら映ってました。Látrabjargで偶然撮影してたみたいです。目的がアトランティック・パフィンで無かったため記憶に残ってなかったみたいです。

  4. 奥様お手製のトルテの方が美味しそうに思えるのは、わたしだけ?!
    はじめまして。パリのブリストルが大好きな“ブリス”と申します。
    今週末から、実に7年ぶりにパリに、そして子供の時以来のリヨンに参ります。情報収集をしていたさなかに、こちらを発見いたしました。
    内容の充実もさることながら、素晴らしい写真の多さに、驚いています。コメントの中に「XXの関係者ですが、写真を使わせてくださいませんか?」との要望が多いのも、納得です!
    色んな事情があって、今はかつてのように飛行機旅行が出来ない私・・こちらの記事で、妄想旅行を楽しませてもらいますね!

    • ブリスさんへ

      コメントありがとうございます。
      たくさんお褒めの言葉もありがとうございます。嬉しいです。
      今週末からパリとリヨンですか!夏のフランスも魅力いっぱいで楽しい旅行になりそうですね。
      美味しいものをたくさん食べて元気チャージしてきてください!
      また遊びにいらしてくださいね♪

コメントを残す