2月のMOTIF RESTAURANT&Bar

【2019年2月の日記】

2月に香港に行った帰りにフォーシーズンズホテル丸の内のMOTIF RESTAURANT&Barへ。大好きなレストランの1つです。

この日は最初にラグジュアリーカードのソーシャルアワーでオーパスワンのオーバーチュアを。

オーパスワンオーバーチュア

ソーシャルアワーのフィンガーフード。和牛ミニハンバーガーと白魚の大葉包み揚げとスープ。

フィンガーフード

ソーシャルアワーだけで帰るのも寂しいので、この日は席を移動して食事もしてきました。

ソファー席

フィンガーフードも結構ボリューミーなので、この日は一番軽い9,000円のコースに。それでも9皿あり、どれも本当に美味しいのでついついワインが進みます。

↓ パリパリの生地に包まれた白子。とろっとして美味しい。

白子

私も主人も白子は苦手だったんですが、最近やっと美味しいと思うようになりました。麻布のこうもとで白子の天ぷらを食べたのがきっかけ。また少し食の幅が広がって嬉しい。まだ自分では調理したことはないですがそのうちチャレンジしなきゃ。

↓ 青森の大鰐温泉のもやし。大鰐温泉のもやしは有名ですが、一般人はなかなか手に入れられません。メニューに「もやし」と書いてあって、(MOTIFのメニューは食材の名前しか書いてないんです。)コース料理の一皿にもやしって珍しいなと思っていて、どう料理されるのかとても楽しみにしていた一皿。

エビのビスクに卵のソースとトリュフ。パスタのように絡めながらいただきます。これがもう絶品で感動もの。この感動を伝えたくて、日記に残しておきたくてタイムラグが生じてしまったけども今ブログを書いてます。

もやし

食材の仕入れからメニュー構成に関して、札幌の三ツ星レストラン、モリエールの中道シェフがアドバイザーとしてこちらのレストランで活躍されているそうです。

ワインはソーシャルアワーで2杯飲んでますが、やっぱりこちらのレストランではお料理に合わせてペアリングを楽しみたいです。

↓ ニュージーランドのピノ・ノワール「NEUDORF」。これは主人用。

NEUDORF

私はシャンパンを。Bergeronneau Marion Brut Tradition。フルーティーでキレのある味。

Bergeronneau Marion Brut

ポルトガルの白、SOALHEIRO。

SOALHEIRO

ホタテの大葉フリッター。余熱具合が完璧。

ホタテのフリッター

ボルディエのバター。たっぷり切り分けてくれます。パンも美味しいですよ。

ボルディエのバター

ロワールの白、Les Moineries Muscadet Côtes de Grandlieu Sur Lie。

Les Moineries Muscadet

ローヌの赤、ヴァケラス レ オーブ。

ヴァケラス レ オーブ

↓ 季節野菜。丁寧に下処理された野菜は見た目も美しく美味しい。

季節野菜

↓ 百合根のロティ。ボルディエのバターとほんのり柚子の香り。

百合根のロティ

リオハのMuga Reserva。ナパワインの重めフルーティーが好きな人には絶対おすすめ。

Muga Reserva

↓ 鯛のスープ仕立て。

鯛

グレープフルーツのシャーベット。ほんの少し山葵がのってます。

グレープフルーツと山葵

鶏肉。コース料理って前菜が最高潮に美味しくてメインはあんまりってことが多い気がするけど、私はここのメイン料理も毎回とても満足しています。

鶏肉

柚子。

柚子

安納芋のクリームブリュレ。すごく美味しくて、数日後に家で再現してみました。再現度は65%くらい。

安納芋

今回も全部美味しかった。素材のもつありのままの美味しさをここまで表現できるレストランは珍しいと思います。料理に合わせたワインのペアリングもおすすめです。

来週また主人がMOTIFに行くみたいですけど私はダイエット中なので留守番の予定。

今月末から主人がひとり海外(仕事)なので、私は実家へ。関西で合流後ユニバーサルスタジオの貸切ナイトに行き、翌日から上海クルーズに行ってきます。

それまでにレストランの日記をいくつかアップできればと思っています。

コメントを残す