MOTIF RESTAURANT&BAR

アメックスプラチナカードの年会費が値上げされてから、毎年届く「フリーステイギフト」。今年の4月から宿泊対象ホテルが減ってしまいました。私たちはいつも新宿ヒルトンなんですが、対象外になってしまいました。なので今年はお台場ヒルトンへ。

↓ フリーステイギフトで泊まれる部屋はスタンダードクラス。ヒルトンゴールドでも部屋のアップグレードや朝食サービスはなし。でもHオナーズ専用(ゴールド以上)のWiFiは無料で使えました。

お台場ヒルトン

夜はフォーシーズンズホテル丸の内へ。7月から毎月来ています。

ラグジュアリーソーシャルアワー

月1回、フォーシーズンズホテル丸の内7F、モティーフレストラン内の一角でラグジュアリーソーシャルアワーというワインイベントが開催されています。参加対象者はラグジュアリーカードホルダー。毎月異なる3種類のシャンパンと、それらに合わせたフィンガーフードが楽しめます。

ラグジュアリーソーシャルアワー9月

↓ 7月のシャンパンセレクト。4種類ありますが、出てくるのは3種類。左3種類はチタン、ブラックカード会員向け、右側のボランジェ・ラ・グランダネ2004はゴールド会員限定。

ラグジュアリーソーシャルアワー9月

シャンパンは特別な日にしか飲まなかったので、飲むものすべて美味しいと思ってしまうのですが、特にジャン・ラルマン・エ・フィスのブリュットトラディションが美味しいと感じました。

↓ 8月。同様にゴールド会員はエルヴェ・ジェスタンのヴィンテージ・エクストラ・ブリュット2006が飲めます。3ヶ月連続で行ったなかではこれが一番好きです。

ラグジュアリーソーシャルアワー9月

9月のゴールド限定シャンパンはドンペリ2006でした。

ワイン会社フィラディス(Firadis)のトップソムリエがシャンパンやワインを厳選し、それにペアリングしたフィンガーフードをモティーフレストランのヘッドシェフが考案。フィンガーフードも季節感たっぷりで美味しい。写真のワインリストにはシャンパンの1本のお値段も記載されています。ラグジュアリーソーシャルアワーの参加費はひとり1,500円+税。1,500円でシャンパン3種類を飲めて、こちらのお料理が食べられるってかなり魅力的だと思います。この値段でシャンパンを少しずつ飲める機会ってあまりないと思うのでお得なんじゃないかな。ゴールドは年会費20万円+税なのでここで”モト”はとれないけど、こういう新しいものを広く知る機会に巡り合えるのは素直に嬉しい。

ラグジュアリーソーシャルアワーの話が長くなりましたが、レストランの話に戻します。

毎月のフィンガーフードが美味しくて、改めてこちらのレストランで食事をと思い、9月のラグジュアリーソーシャルアワーの日程に合わせてレストランの予約を入れました。

ラグジュアリーソーシャルアワーの席までタイミングを合わせてスタッフが呼びに来てくれました。
予約したコースはセゾンだったのですが、ラグジュアリーカードのアップグレード対象店だったのでテロワールにアップグレード。

テロワールコースはデザート含めて10皿。ソーシャルアワーですでに3杯シャンパンを飲んでいるので、ソムリエの方から、とりあえず前菜に合わせたワインをと勧められたので、おまかせすることに。

前菜は雲丹。温かいパートブリゼに雲丹がのせてあったのですが、雲丹ってバターの風味があると食べやすい。好き嫌いはほとんどなくなったけど、雲丹はまだハードル高め。パンのバターはボルディエの無塩タイプ。

↓ 海老のサバイヨンソース。美味しい。

テロワール エビ

この時点でソムリエさんが選んでくれたワインを飲み干すペースが早かったため、ソムリエさんから「ペアリングに切り替えますか?少量ずつでも大丈夫ですよ」と言われたので、そうしました。1杯目は白ワインでしたが銘柄失念。

↓ 鯵と万願寺とうがらしと海ぶどう。こちらに合わせて出されたのはオーストラリアのShaw + Smith Sauvignon Blanc2016だったと思う。羽田のラウンジでも見たことある。スッキリしていて好き。

テロワール 鯵と海ぶどう

↓ 20品目(だったと思う)の季節野菜と夏トリュフ。ワインはニュージーランドのSeresin Estate Chardonnay2015。このワインすっごく好きで、私達がワインを好きになったきっかけの場所で生産されているんです。2007年のことなのでもうあまり場所とか覚えてないんだけど、私達の数少ないワードを拾って、「ペガサス・ベイのとこですよね」とソムリエさんが。メモを確認したところその通りで、この会話でこちらのソムリエさんの信頼度がよりUPしました。

テロワール 季節野菜

↓ 冷たいとうもろこしのスープと、揚げたてとうもろこし。

テロワール とうきび

↓ 鮑のリゾット。おかわりしたいくらい美味しかった。

テロワール 鮑のリゾット

テロワール 鮑のリゾット2

↓ アールグレイのグラニテにグラッパを。

テロワール グラニテ

↓ 香川のオリーブ牛、オリーブのタプナード添え。赤身が上品な甘さで多少冷えてもしっとりしていて美味しい。オリーブ牛は近いうちにお取り寄せしようかな。

テロワール オリーブ牛

お肉に合わせたワインはAchaval-Ferrer Mendoza Cabernet Sauvignon 2013。ジューシーで重すぎない赤。オリーブのタプナードの酸味にも合う。こちらのワイナリーのマルベックを是非飲んでみたい。

赤2杯目はpio cesareのバローロ、赤3杯目はSoumahのピノ・ノワール2015でした。うろ覚えなので間違ってたらごめんなさい。でもグラスの数は合計6杯で合ってます。ペアリングは1人4,500円でした。もし季節を変えて、同じコースとペアリングをオーダーしたら、きっとこの時のソムリエさんなら、今日と違った視点で最大限に好みに合ったワインを出してくれると思う。

↓ デザートのモンブラン。メレンゲボールの中にもたっぷりのマロンクリーム。大好きな味!西洋栗をメインに使ったモンブランって香料が強かったり、甘すぎて水飴っぽい食感になってたり、それを中和するための生クリームが甘さ控えめ過ぎて油分が残るタイプだったり、栗の良さがトッピングのマロングラッセ以外に感じられないなぁと思うことがあるんだけど、ここはパーフェクトでした。

テロワール モンブラン

割るとこんな感じ。生クリームが入ってないことがプラスになってた気がします。正直、メレンゲモールを割る時点ではメレンゲって苦手なんだよなーって思ってたので、スプーンの入れ方が雑に。でも一口食べて美味しい!と思い中身の写真を慌てて撮ったためちょっと汚くて。

モンブランの中身

↓ シャインマスカット、いちじくのタルト、柿のグラッセ。

テロワール フルーツ

食後にエスプレッソを。

お料理はどれも美味しくて、サービスも程よい距離感があり、喜ばせようとする気持ちも伝わってくる感じで素晴らしく、席も隣が気にならない程度にゆったりしていて、デート向きでもあるし、小さい子供がいる家族でも居心地いいと思います。女子会にもおすすめ。

↓ モティーフレストラン&バーはラグジュアリーカードのリムジン対象店。この日はお台場ヒルトンまで送ってもらいました。センチュリーって初めて乗った。

ラグジュアリーカード ラグジュアリーリムジン

お酒をいっぱい飲んで、美味しい食事をした後にホテルまで送ってもらえるのは最高のサービスですね。私たちの家は基本的に水戸メインなので、自宅までリムジンは無理ですが、23区内、川崎市全域、浦安市、市川市も対象エリアなので、この辺りに住んでいる方にはおすすめ。接待にも使えそう。

↓ 部屋に戻ったらマカロンがおいてありました。ゴールドのサービスは使えなくてもワインだったりチョコだったりこういうサービスは何気にいつもあるんですよね。

お台場ヒルトンマカロン

余談ですが、水戸家でもシャンパンが食卓に並ぶようになり、私も”マリアージュ”を意識するようになり料理の幅が広がりました。水戸家では父セレクトのテタンジェ レ・フォリ・ドゥ・ラ・マルケットリーが大好評。在庫がもう残り1本。。今月末にピーロートの試飲会に行くのでまた買ってこなきゃ。今月末はカリフォルニア・ソノマのトップワイナリー、ピーター・マイケル・ワイナリーの限定イベントにも参加します。なので次の日記もまた食べ物です。

コメントを残す