ナンユアン島に滞在

【2015年9月6日〜9日の日記】

パンガン島からタオ島へ。タオ島ではシュノーケルを楽しめるホテルに滞在したいと思ってDusit Buncha Resortを予約していたのですが、直前でオーバーブッキングの連絡・・。タオ島でのシュノーケルについて調べてると結局ナンユアン島へ行っているみたいなので、それならナンユアン島に1軒だけあるナンユアン・ダイブ・リゾートに泊まることに。3泊しました。

パンガン島からタオ島経由でナンユアン島だと思ってたら、先にナンユアン島に停泊。慌てて降ろしてもらいました。スーツケースが奥底にしまわれてたので発掘するのにかなり時間がかかった。7人ぐらいのスタッフと夫が汗だくで探してくれた。

↓ ナンユアンアイランド・ダイブ・リゾートの桟橋。

ナンユアン島

船を降りたら宿のスタッフがスーツケースを運んでくれます。

ペットボトル、缶など持ち込み禁止です。部屋の冷蔵庫に瓶入りのお水が1日2本ずつ補給されてました。

ナンユアンダイブリゾートルール

朝の誰もいない時間。この後続々と日帰りでシュノーケルを楽しむ人がやってきます。

ナンユアン島

ナンユアン島2

ナンユアン島3

ナンユアン島4

10時ごろにはこの通り。宿泊客はビーチベッド無料。

ナンユアン島5

宿のワンちゃん。6ヶ月。人懐っこい。笑顔でお水飲んでる。

ワンちゃん

親子らしきポメラニアンもいた。何食べたの?顔がぶどうジュース色。

ポメラニアン親子

私達の部屋は山の上のほうで、ビーチから部屋まで5分くらいかかる。とてもじゃないけどスーツケースは自分で運べない。チェックアウト時も船の時間に合わせてスタッフが荷物を取りに来てくれる。

部屋からの眺め。泊まる予定だったDusit Buncha Resortが対岸に見えます。ローシーズンは電気の供給時間が午後5時から午前10時までと書いてあったんだけど、この時は24時間供給でした。暑く蚊が多いタイで日中にエアコンなしはキツイのでホッとしました。部屋はシンプル、ホットシャワーもちゃんとでました。WiFiはないですが、AISの電波はしっかりキャッチしていて速度も安定してました。

ナンユアンダイブリゾート部屋

部屋への坂道の途中にいた猫。この子も懐いてくれて滞在中ずっと私達と一緒にいました。

猫

私の後ろをついてくる・・分かりますか?立ち止まるとにゃーと不安そうな声で確認してくる。

猫と私

この子はこの階段付近を縄張りにしているみたいで、レストランのあるビーチまで下りて行きません。なのでビーチにいる猫よりも痩せててちょっと心配。

ナンユアン島は禁煙です。宿のあちこちにこういうやたら可愛い絵の警告が。

萌え画

ナンユアン島の全景。部屋からさらに上へ登ったところから。絶景です。

ナンユアン島全景

ナンユアン島の海は透明度も抜群で流れもなく子供も楽しめるくらいの海。毎日みっちりとシュノーケルを楽しみました。

↓ お気に入りの一枚。とぼけたお顔が私のツボ。

ナンユアン島水中

ナンユアン島水中2

珊瑚もきれい。

ナンユアン島水中3

↓ ダツかな?光るものに突進するらしく、体を貫通することもある危険な魚。

ナンユアン島水中4

ナンユアン島水中5

浅瀬にいる小魚の大群。この群れの中をじゃぶじゃぶ進んで海へ入っていくのがちょっと気持ち悪い。膝くらいまでの深さにいるので、潜るのが苦手な私でも魚と同じ目線で写真が撮れる。

ナンユアン島水中6

小魚の大群を桟橋からみるとこんな感じ。黒い部分が魚。

ナンユアン島水中7

黄色いお魚も大群。

ナンユアン島水中8

島の海岸線に沿って泳いだ日も。桟橋の下から。

ナンユアン島水中9

2時間くらい泳ぎっぱなしだったのでさすがに疲れた。私はシュノーケルを使ってますが夫は嫌いらしく、普通に息継ぎしながら泳いでいてすごいなぁと。消費カロリーも全然違うんだろうなと思いながら悠々と泳ぐ夫に必死についていく。

ナンユアン島水中11

ナンユアン島水中12

ナンユアン島からタオ島までは渡し船で10分くらい。一応ホテル専用の送迎船が1時間半毎くらいにある。料金は忘れたけど数百円程度。

渡し船からの夕日。

ナンユアン島夕日

夕方のビーチ。この子は多分宿で飼われている猫。

ナンユアン島夕方ビーチ

滞在3日間、食事はタオ島まで出てしてました。船着場のすぐ近くの屋台っぽいお店でおばちゃんが軒先で作るパッタイは美味しかった。

タオ島ではバギーが借りられます。暑いし特に行きたいところもなかったので2時間だけレンタル。半日以上からでないとダメというお店が多かった中、貸してくれるお店が見つかってよかった。ハワイのクアロア牧場で一度だけ運転したことはあるのですが、私有地内だったし操作も手取り足取りだったので、自分で一から操作して公道を走ったのはこれが初めて!なので、最初は夫が運転、私は帰りにちょこっと。女性の力で凸凹道をハンドル操作するのは意外と大変。

タオ島レンタルバギー

タオ島からの帰りにツナの水煮を購入。部屋の前で私達の帰りを待っているこの子へのお土産。(缶は回収しました)

お土産

お腹ポンポン。部屋には入れてあげられないから蚊にさされながらも外にいる私達。

猫と私2

私達はこんな生活なので動物は飼えないけど、この先もし何かの縁で私達のもとにやってくる子がいたら猫でも犬でも鳥でも目一杯可愛がろう。

タオ島と虹。

タオ島の虹

ナンユアン島滞在の後はバンコクへ。タオ島経由のジョイントチケットを宿で手配してもらいました。バンコクには1泊だけして帰国へ。

↓ 1泊だけだったのでレストランの決定権は夫に譲りました。やっぱりいつものクイーンオブカレーのマッサマンカレー食べてました。私はレッドカレーとヤムウンセン。ここのヤムウンセン、辛いけど美味しい。パッタイはカオサンから徒歩20分くらいのところにあるティップサマイ(Thip Samai)が好き。

Queen of Curry bangkok

THANNの製品が好きでよく買います。シソ入りのフェイスクリームとフェイススクラブがおすすめ。値段は日本で買うのとあまり変わらないかも・・。

THANN

30日ギリギリの滞在だったのでもし何かあったらどうしようとヒヤヒヤしましたが無事に期日内に出国。

ANAビジネスクラスバンコク成田

約9ヶ月遅れの日記になりましたが、とりあえずインドネシア、タイ周遊はおしまいです。

夏以降は、国内をちょこちょこドライブしたり、私がまた長期で実家へ帰ったり(やっぱり夫は海外へ)、友人達と旅行へ行ったりしながら、再びバンコクへ、年末はフロリダ、つい最近はハワイへ行ったりしていました。

7月にまた長期で実家へ帰ることになったので、それが済んだらどこかへ行きます。

2 コメント

  1. どれも素敵な写真でした。
    現在クラビなうです。
    ローシーズンのクラビはゆっくりできていいです!
    ただ、雨は自分の運を信じるしかないですが笑

    プーケットとサムイに行って、最後にバンコクの予定です。
    私の家族はタイが大好きでもう30回超えました!

    次にタイにいく予定があればまた素敵な写真期待しています!

    • Tommyさま
      コメントありがとうございます。
      ローシーズンのクラビも素敵ですよね!
      プーケットもクラビと同じような天候だと思いますが、サムイ島は比較的雨季でも雨が少ないそうで、去年私達も8月に滞在しましたが一度だけのスコールであとは晴れ続きでした。
      お天気良いといいですね。
      楽しい思い出がいっぱいできる旅行でありますように!
      また遊びにいらして下さいね。

コメントを残す