エプコット&ハリウッドスタジオ

【2016年1月1日〜5日までの日記】

カウントダウンを終え、ホテルに戻ったのは午前2時半。ふたりともクタクタ。一刻も早く眠りにつきたいはずなのに、私がお肌のお手入れをしている間に夫は到着時にもらったパンフレット類を一通りチェックしてました。で、ディズニー公式アプリからファストパスを取得するらしいということを知る。(最近は旅行前のリサーチをしすぎないようにしていて知らなかった)
2013年から導入された次世代ファストパスシステムにより、従来の発券機による紙のファストパスは廃止。開園と同時にFP発券機へダッシュする人や、1人で複数のチケットを購入しFPをより多く獲得するという光景はなくなりました。

ディズニー公式アプリ、My Disney Experienceをインストール。日本のアカウントだとインストールできないので、アメリカのApple IDを作成。自分のiPhoneは使いたくなかったのでiPadで対応。アメリカのIDでもクレジットカード入力はNoneでOKだった記憶です。住所などは宿泊ホテルを入力。

My Disney Experienceアイコン。

ディズニー公式アプリ初期画面

↓ 初期画面。

ディズニー公式アプリ初期画面

↓ 左メニューバーからわかるように、パークの営業時間やアトラクションの説明や待ち時間、レストランの予約やファストパスの獲得、ショーやキャラクターグリーティングの時間の確認などができます。チケットに印字されているQRコードを読み込んで自分の情報を入力しリンクさせます。直営ホテル滞在の場合はマジックバンドとリンク。

ディズニー公式アプリ初期画面

直営ホテル滞在の場合60日前から、それ以外は30日前からファストパスの予約ができる。花火やパレードの場所取りもFPプラスの対象なので、時間が決まっているものはなるべく早めにゲットするといいですね。

↓ FPプラスの予約変更画面のスクリーンショット。FPプラスは1人1パーク3つまで取得できます。(パークをまたぐことはできない。例えば、マジックキングダムのビッグサンダーマウンテンとアニマルキングダムのエベレストとエプコットのテストトラック等という取り方は不可)
3つ消化した後はパーク内のFPプラスキオスクで追加取得可能。

ディズニー公式アプリ初期画面

元日はエプコットメインで遊ぶ予定だったのでソアリンは外せない。ソアリンを選ぶと、いくつか組み合わせが出てきて上のようなスケジュールに。1月1日はまだまだ当然混んでるので好きなものだけ選ぶことができないのは仕方ないですね。ピークシーズンでも何一つ取れないってことはないのでこまめにチェックすることがコツ。ちなみにソアリンは2016年1月4日から夏まで閉鎖中です。これもアプリ内で確認できます。

アプリでFP+が取得できたら、時間通りにアトラクションへ行き、チケットもしくはマジックバンドを入り口でかざすだけ。ディズニーリゾート内はWiFiが完備されているのでネットの心配も無用。速度はダウンロード31.75Mbps、アップロード30.69Mbpsと文句なしの速さ。SNSへの投稿ももちろん大丈夫。パレード中やアトラクションの待ち時間に投稿している人をたくさん見かけました。

ここまでの説明、実際に使ってみないとかなり分かりづらいと思います。こちらのサイト(ウォルトディズニーワールド攻略ガイド)が圧倒的に分かりやすいのでリンクを貼っておきます。

ヒルトンからエプコットまではヒルトンの送迎バスで20分くらい。バスは行き先別に30分に1本ある感じなので、乗車時に最終バスの時間を確認して、そこから逆算してテーマパークを出るとスムーズ。

↓エプコット。

エプコット

ソアリンまで時間があるので、空いてるアトラクションに適当に入る。シー・ウィズ・ニモ&フレンズへ。前知識が全く無かったので、途中からあれ?と思う雰囲気になるのですが・・。

途中から本物の魚たちの映像に。どうなってるのーと思ってたらシー・ウィズ・ニモのアトラクションは水族館の中にあるんですね。

水族館は見応えたっぷり!愛嬌たっぷりのイルカが遊んでいる姿も。

エプコットアクアリウムイルカ

イルカの遊び相手。ハウルの動く城に出てくるカブに似てる。この頭に何度もチュッチュしてました。

エプコットアクアリウム

↓ マナティ。ロメインレタスを両手で持って水中で食べてる。水面のロメインレタスをガバーっと手を使って集める姿は可愛すぎてきゅんきゅんする。1時間は眺めていられる。

エプコットアクアリウム水中マナティ

飼育員の位置を確認するマナティ。新鮮なレタスのほうがそりゃいいよね。

エプコットアクアリウムマナティ

大きなエイ。こうやって見るとあの笑顔に見える部分は顔じゃないってわかりやすいかな。

エプコットアクアリウムエイ

もちろん本物のニモ(クマノミ)もいます。迫力のあるウツボもなかなか愛らしかった。

ソアリンは前回来た時と内容は同じカリフォルニアバージョン。座席が3列なんですが、一番上だとスクリーンの切れ目が見えて、一番下だと上段の人の足が見えるので真ん中がベストポジションかも。選べないけども。今年の夏にリニューアルして世界バージョンになるそうです。

新しいアトラクションで、テストトラックというものがあったんだけど、新しいだけあってFPは取れず、元旦の待ち時間は120分・・。ワールドでは珍しいくらいの長い待ち時間だったのでパス。

あと強く印象に残ったアトラクションは、ミッションスペース。他のアトラクションにはない独特な衝撃?を体験できます。オレンジと緑のコースがあり、私達はオレンジコース。緑はソフトらしいです。ざっくり内容をいうと宇宙飛行士の気分を味わえるのですが、あまり言うと楽しみがなくなるので控えます。何でも楽しめる夫が、2回目はいいや・・といったアトラクション。

↓ ワールドショーケースのメキシコ館。

エプコットワールドショーケースメキシコ

中国エリア。

エプコットワールドショーケース中国

日本エリア。

エプコットワールドショーケース日本

エプコットワールドショーケース日本2

日本エリアにある三越の中の展示はおかしい。トイレはまだわかるんだけど、「KAWAII」がテーマの展示になっていてそんな人いないよーというマネキンが萌え萌えしく飾ってあります。

エプコットワールドショーケース日本3

エプコットワールドショーケース日本4

ドイツエリア。ビールを飲んでホッとしているお父さんたちの憩いの場になってます。

エプコットワールドショーケースドイツ

ドイツエリアは食べ物も充実してました。

エプコットワールドショーケースドイツフード

エプコットのシンボル、スペースシップ・アースのライトアップ。

エプコットスペースシップ・アース

エプコットの花火の演出も以前と同じだったけどやっぱり素敵でした。FPプラス対象エリアのすぐ隣で鑑賞できて満足。

↓ ハリウッド・スタジオ。この日は3日だったんだけど、太陽がずっと隠れていて小雨も降ったりで寒かった。日によって気温差があるのでご注意を。カウントダウン時はいい天気でTシャツでも十分だったけど、この日みたいにスプリングコートでは不十分な日も。

ハリウッド・スタジオ

あと・・花粉が飛んでます。サイプレスやジュニパー(ヒノキ科)、オレンジ、季節によってはブタクサも。よく花粉症は日本だけ!!と聞くけどやっぱりあるじゃん・・アメリカでも。花粉飛散状況も調べればちゃんと出てくるくらい。海外で花粉症の症状が出たのは今回が初めてだったけど、私の中では重症なレベルにしんどかった。花粉は英語でpollen、花粉飛散情報はpollen countと地名で検索。

スターウォーズの展示がいっぱい。屋台ではBB-8のポップコーンバスケットが人気でした。男の子はライトセーバー持ってる子多かったかな。

ハリウッド・スタジオ

ハリウッド・スタジオ

スターウォーズって観てない人もあの曲は知ってる人多いですよね。作曲者はジョン・ウィリアムというアメリカ人で、インディージョーンズとかET、ホームアローン、ジュラシック・パーク、ハリーポッターのテーマ曲など誰もが耳にしたことがある曲を手がけた人です。

↓ どこからどこまでが本物の景色か分かりますか?

ハリウッド・スタジオ

ハリウッド・スタジオ

アナと雪の女王のショーも観ました。素敵だった。次のディズニーのヒット作はどんなのだろう。

今回は一度もキャラクター・ダイニングでは食事はせずに終わりました。混んでない時期にまた行くだろうからその時にゆっくり楽しみたい。

3日はディズニーワールドの外に出てレストランへ。その後またハリウッド・スタジオに戻りタワーオブテラーに乗って夜景を満喫。

もう4月で、今更感はありますが今月中には溜まった旅行記を覚えている範囲で書きたいと思ってます。

コメントを残す