ギリ島シュノーケル

【2015年8月3日〜7日の日記】

ギリ島3日目はシュノーケルツアーに行ってきました。3箇所のポイントで泳げて1人100,000IDR(約920円)。ランチ付きだと120,000IDR。10時集合15時解散。60人くらいで行くツアー。プライベートだと600,000IDR。団体ツアーだと案の定集合から出発まで1時間以上待たされるので、出発前からうんざりな気分になります。

トラワンガン島船着場周辺のビーチ。泳いでいる人は少ない。左側に見えている泳いでいけそうな距離にある島がギリメノ島。

トラワンガン島の海

養殖されているウミガメの赤ちゃん。もう少し大きくなったら海に放すそうです。

ウミガメの養殖

11時半頃ようやく出発。最初のポイントはトラワンガン島から近い場所。海の中はキレイです。

早速ウミガメに遭遇。

ウミガメ

ウミガメ2

私はこの時夫と別行動をしていて、というか、夫だと思って必死に泳いで追いついたら別の人で、あれ・・違うと表情を顔に出してたら「あ、まだカメ見てないの?連れてってあげるから」と。

ウミガメ3

私が見ていたカメはこんなふうにゆったりと泳ぐ姿ではなく、お昼寝中の姿でした。でも可愛かった!

久しぶりの、本当に久しぶりの暖かい水温の海。何年ぶりだろう。去年の南アフリカは水温15度だったし年始のハワイも結構寒かった。水温が高いとこうものんびり楽しめるものなんだと改めて思う。流れもなく、透明度も◎。

ギリ島の海

ギリ島の海2

ギリ島の海3

ギリ・アイル島に上陸。ロンボク島に一番近い島で、雰囲気はのんびり。ビーチがキレイ。トラワンガン島より泳いでいる人も多い。

アイル島でランチ。私達はランチ付きのプランにしなかったのでアイル島を散歩。ここも猫だらけ。スピーカーの上で寛ぐ猫ちゃん。

ギリアイル島の猫

ギリ諸島を巡る際に、どの島に滞在しようか迷うかと思います。私達がトラワンガン島を選んだのは、一番大きく住んでいる人も多いのなら、ネットが安定しているのではないかと考えたため。結果として、アイル島でも問題なさそうなことが判明。島の人にもどの携帯会社のsimを使っているのか聞いたところ、Telkomselなら問題無いと。

ビーチはアイル島のほうがキレイです。人も少なく、船の往来もトラワンガン島ほどではないので静か。ビーチ沿いに建つレストランやカフェも落ち着いていて、次回ギリ諸島に行くなら私はアイル島がいい。もしくはトラワンガン島の船着場の反対側(バリ島側)のホテルに滞在したい。

↓ 最後のシュノーケルポイント。沈没船。

沈没船

エンゼルフィッシュ。魚の名前はこれくらいしかわかりません。

エンゼルフィッシュ

縁起の良さそうな形をした魚。ぶちゃいく。

魚

↓ これ、何の魚かな?イカと蛇が合体したような。カモノハシのようなくちばしにタレ目がちな目が愛らしいけど右側が頭であってるのかな。

蛇イカ

青いヒトデ。私は潜れないので上から撮影。潜って撮れるようになると楽しいんだろうなぁ。

ヒトデ

今回からGoProを導入。夫が動画を撮影してましたが、ここに掲載した写真はNikon AW1のもの。

海の写真はここまで。次回は島内サイクリングをした時のことを書きます。

 

 

コメントを残す