再びケープタウンへ 花とおすすめレストランと宿

【2014年8月16日〜20日の日記】

再びケープタウンに戻ってきました。タンザニアからマダガスカルへ行くつもりでしたが、ちょうどこの時期、南アフリカはお花が満開の季節。一生に一度は見てみたいお花畑に行くチャンス。マダガスカルは最低でも3週間はかけたいし、今後もスターアライアンスのマイルの消費手段を考えておく必要があるので楽しみとして残しておくということで夫婦の意見が一致。

見たい花畑の最盛期は1年のうちの数日間。今年の降水量や周辺の開花状況などを調べて、ケープタウンのツアー会社や宿のオーナーから情報を集め、天気予報もチェックして8月20日から花畑へ出かけることに決定。とりあえず出発まではケープタウンでレンタカーの予約をしたり、サファリの疲れを癒やしたりします。

7月初旬にもケープタウンに滞在してましたが、その時は寒くてウィンドブレーカーが手放せなかったけど、8月のケープタウンは晴れれば暖かくTシャツで過ごせます。天気は変わりやすく、大雨突風という日も。

ケープ海岸線

晴れた日にカーステンボッシュ植物園に行ってきました。植物園に2回も付き合ってくれる人はなかなかいません。珍しく私のバッグも持ってくれ、思う存分楽しめるようにと。

カーステンボッシュ植物園

7月に来た時より咲いてるー!写真の花は多分レウコスペルムム。花言葉はどこでも成功を。

カーステンボッシュ植物園レウコスペルムム

しおれた姿も美しい。

カーステンボッシュ植物園レウコスペルムム2

↓ どこにでも咲いてそうな花だけど説明書きにはRARE(レア)の文字。説明によると、南アフリカのムバジェ川の崖で新しく発見された品種でレウィシアの仲間だそう。

カーステンボッシュ植物園レウィシア

アイスプラント。何年か前、日本でもソルトリーフが流行りましたよね。あの葉の花です。一時期私もレストランなどで見かけたら食べるようにしてました。

カーステンボッシュ植物園アイスプラント

デイジー。

カーステンボッシュ植物園デイジー

デイジーの蕾。

カーステンボッシュ植物園デイジーの蕾

↓ Cycads(サイカス)。ソテツ。雌雄異株。

カーステンボッシュ植物園サイカス雌株

上が雌株、下が雄株。

カーステンボッシュ植物園サイカス雄株

南アフリカといえばこの花というくらい有名な極楽鳥花。これは7月にも咲いてました。ホテルやレストランでも生けられている植物。カーステンボッシュ植物園の案内板も極楽鳥花。

極楽鳥花

ラベンダー。持ち歩いている精油のひとつ。

カーステンボッシュ植物園ラベンダー

マツバギク。南アフリカ原産。

カーステンボッシュ植物園マツバギク

ローズセルリア。

ローズセルリア

スイートセルリア。

スイートセルリア

園内に流れる小川。

カーステンボッシュ植物園小川

キングプロテアを求めてどんどん進むと、いつの間にかこんな道に。トレッキングを始めちゃいそう。

山道

タンニンが溶け出した川。

タンニンの川

↓ プロテアの花。1970年に南アフリカのブライドリバーで発見された品種。ブライドプロテア。

カーステンボッシュ植物園ブライドプロテア

キングプロテア。獣道のようなところをさまよってた時に見つけたもの。

カーステンボッシュ植物園キングプロテア野生

園内で一番目立つところにあったキングプロテアはちょっと枯れ気味。

カーステンボッシュ植物園キングプロテア

キングプロテアの蕾。蓮を連想させるような日本人にはしっくりくる花。

カーステンボッシュ植物園キングプロテアの蕾

カーステンボッシュ植物園は景色も素敵です。テーブルマウンテンの斜面に造られているので、傾斜はあるけど、テーブルマウンテンを見ながら歩いて、振り返ればケープタウンの街並みを一望出来ます。

園内にはこのような橋も架けられていて、南アフリカ固有の大きな木や、木で休む鳥もいます。

カーステンボッシュ植物園の橋

前に来た時は梟に会えたけど、この日は会えなかった。残念そうな夫。梟に会いたくて来たのかしら。

カーステンボッシュ植物園からの帰りの景色。赤いラインの2階建てバスに乗車したため、キャンプスベイ方面へぐるっと回りながら帰ります。

ケープタウンの海岸線

ケープタウンの海岸線2

ウォーターフロントで下車。黄色い枠は記念写真用の枠。

ウォーターフロントの写真スポット

枠から撮影した風景。

ウォーターフロントの写真スポットから

この日はウォーターフロントで夕食。ハーバーが見渡せるレストラン、Harbor Houseへ。外観がカントリー調で女子受けが良さそうなお店。でもボリュームたっぷり。2人とも同じシーフードパスタを。火加減も塩加減も申し分なく、水菜も健康的な味で、何よりこれでもかというくらいのパルメジャーノレッジャーノの量。

Harbor House

前回、喜望峰のツアーで出会った日本人旅行者から聞いたお店、アクティブ寿司。名前が強烈で記憶に残っていて、今回行ってみることに。食べ放題だか何だか忘れたけど、夫はいっぱい食べてました。

アクティブ寿司

アクティブ寿司からの帰りに見つけたコーヒーショップにあったジェラート。ICEZEITというブランド。ザルツブルグやホノルル、ヨハネスブルグ、ケープタウンで展開しているジェラート屋さん。どっかで見たことあるなぁというロゴが気になって調べてみたら、おそらくザルツブルグでちらちら見てたんだと思う。ここのアイスはサーティーワンとハーゲンダッツの中間というところで、ミルク感が強く、でもサーティーワンのようなクドい甘さはそんなに感じず、私達は大好き。

ICEZEIT

発見してからは毎日食べました。

ICEZEIT

宿泊していたホステルの近くのWoolworthsに入っているフローズンヨーグルトのお店。これはスタンダードなフローズンヨーグルト。

myog

ロングストリートにあるオーガニックのジュース専門店『ORCHARD』 オーガニック製品も取り扱っていて、小豆もありました。250gで36ZAR。約360円。アサイーの粉末は100gで98ZAR。オーガニックオリーブオイルが日本で買うよりも断然安くて欲しいなぁと思ったけど重いし諦めました。

ORCHARD

スムージーの種類は11種類。色々試して一番美味しかったのはhullabalooというもの。ブルーベリー・ストロベリー・バナナ・デーツ・アサイー・チアシード・アーモンドに低脂肪牛乳とバニラヨーグルトが入ってます。

ORCHARD

夫は2度ほど冒険してましたが、その後はずっとhullabaloo。私は毎回変えてましたけど、何がなんだか忘れました。

ORCHARD

ORCHARD

スムージはどれも1杯40ZAR前後。素材にこだわっていて尚且つ美味しいのでとってもおすすめのお店です。

↓ 前回すっかり気に入ってしまったハンバーガー屋さん『ROYALE EATERY』サファリ中は美味しい食事が一切出来なかったので、ケープタウンに戻ったら絶対ここ行こうと心の支えにしていたお店。

ROYALE EATERY

ここのラッシーはほぼヨーグルト。太いストローがついてるけど、吸えないほどヨーグルトそのまま。南アフリカのヨーグルトは美味しいですよー。3時から5時まではハッピーアワーもやっていて、クラシックバーガーとドリンクで40ZARだった記憶。すごく安いんです。

ROYALE EATERY

もうひとつ、心の支えにしていたお店があります。ロングストリートにある『FORK』というお店。

FORK

じゃがいもとグリーンピースのポタージュスープ。ローストアーモンドまで美味しい。

FORK 日替わりスープ

ハムとチーズの盛り合わせとラクレットチーズ。

FORK ハムとラクレットチーズ

FORK

クドゥのソテーとマッシュポテト。別の場所でクドゥを食べたけど、こちらの圧勝。

FORK

マグロのたたきサラダ。食べるラー油のようなものが添えられていて、洋風になるとこうなるのかーと。こういう発想は覚えていて家で再現してみたいリストに追加しなきゃ。

FORK

キングスクリップ。白身の魚なんだけど、スズキに近いタイのような味。バターとの相性がバッチリ。

FORK

手前がタコ、奥がサーモン。イカも食べてみたけど美味しかった記憶。

FORK

ブルーチーズのラビオリ。

FORK

えびのベーコン巻き。

FORK えびのベーコン巻き

デザート。ブラウニーとホワイトチョコムース。

FORK チョコブラウニーとホワイトチョコのムース

ホワイトチョコムースが気に入ったので毎回オーダー。左側のものはパブロバ。

FORK ホワイトチョコのムースとパブロバ

FORKにはトータル8回ほど行きました。2人で色々食べてワイン飲んで毎回5000円から6000円程度。ランチもやってます。ランチには一度だけ行きましたがランチセットより、通常メニューを単品でオーダーするほうが断然おすすめ。

最後におすすめをもう一つ。今回宿泊したホステル、The Fritz Hotel。スイス人経営の爽やかな宿。

The Fritz Hotel

バスルームも広くローズの石鹸も嬉しい。

The Fritz Hotelバスルーム

オーナーも従業員もおもてなし上手で、朝食も美味しい。決して豪華じゃないけど美味しいヨーグルトとこだわってるのかなと感じるはちみつとチーズ、毎朝買ってきてくれるクロワッサンに卵料理。コーヒーは美味しいとは言いがたかったけど、ルイボスティーもあるのでそっちのほうがおすすめ!

このホステルには黒猫がいます。とっても人懐っこく、頭を手のひらにすりすりしてきます。交通事故に遭ったらしく、後ろ右足がありません。車が通ると固まります。食事に行くために外に出たんだけど、可愛くてつい触っちゃう。大雨突風で雷がゴロゴロ響いてた夜、私達の部屋の前に来たんです。切ない声でドアの前で鳴いていて、抱っこしたら毛も濡れてて寒そうでどうしたものかと5分ほど部屋に入れてしまいました。夫からやっぱりまずいんじゃないのと警告され、そうだよねと思って外に出すのがまた・・つらい。床掃除しながら、涙が出そうに。翌朝猫は元気で私達の顔を見て寄ってきてくれたんだけどね。

The Fritz Hotel 黒猫

立地も悪くなく、昼間は安心して歩けます。周辺には可愛らしいカフェやレストランが点在していて、長期滞在向きだと思います。

1度目の南アフリカ滞在時はMTNのSIMを使ってましたが、2度目の今回はVodacomのSIMを購入。5GBで504ZAR。MTNとは比べ物にならないほど使いやすい。最初のアクティベイト時にiPhoneの文字を英語にしておくことが鍵。日本語のままだと電波がsarchingのままで先へ進めないんです、何故か。この当時は5だったので6の今は周波数が違うらしいのでこんなことも減るのかもしれません。リチャージもVodacomのショップで簡単にできます。

ネット環境もこの通り悪くなく、ご飯も安くて美味しくて、お気に入りの宿も見つけて、ちょっと出かければ野生動物なんかもいて気候も良くて、日本から近ければ夫のご飯難民時の避難地候補のひとつになるんだけどな。

次はお花畑について書きたいと思います。

 

 

 

 

雑談

スムージーつながりで。

最近日本でもスムージーが流行ってますよね。ジュースクレンズ専門店もいくつか目立ってきて、1杯1,000円から1,800円ほどするので、ケープタウンのORCHARDと比べると高いなと思う。ちょうど、この日記を書いている今日(雛祭り)、とある経緯で1週間だけ手元にVitamix Pro500がある状態で、使ってOKってことだったので使ってみたところ・・ジュースクレンズに興味津々状態。オーガニックの小松菜と人参と手作り甘酒で作ってみたんだけどなかなか美味しい。続けられそうではある。とりあえず1週間、色々なものでトライして夫にプレゼンしなきゃ。あ・・そういえばホワイトデー・・。今年は堺孝行の出刃包丁と柳刃包丁と砥石か雲井窯のご飯鍋かで迷ってたんだけど更に迷い始めた。

コメントを残す