グーギャップ自然保護区の花畑

【2014年8月21日〜26日の日記】

ナマクアランド3日目は4駆をレンタルした際にお店の人がおすすめしてくれたスポットをドライブ。

N7をナマクア国立公園とは逆方向に走行し、オーキップ(O’kiep)、コンコルディア(Concordia)周辺へ。スプリングボックから10km程度のドライブ。

オーキップへ

スプリングボック郊外の景色

町と町をつなぐただの道路だけど、この時期は地元の人でもうっとりする景色に。野生の馬ものんびり散歩中。他の馬と途中で合流してました。

野生の旨

ワンちゃんも気持ちよさそうにうとうと。春だね。

野花とワンちゃん

工場も花畑に包まれます。

野花と工場

スプリングボック郊外の景色2

スプリングボックで新たにレンタルした車。このタイプは水戸でも乗っているので慣れているんだけど、座席が大きめなのか、座席を思いっきり前へずらしてもクラッチが奥まで踏めない。足の長い夫でやっと。なので殆ど夫に運転してもらってたんだけど、やっぱりこんな景色だと運転したくなりますよね。。

TOYOTA4駆

フリーウェイの途中で運転代わりたいと申し出てみて、代わったはいいんだけど、それまで町なかをMTの操作を思い出しながらゆっくり走ってたので4速までしかこの車で出してなくて・・周りに車もいないし大丈夫かと思ってたんだけど、回転数が2500を超えてきたので5速にしようとして呟いた一言。「5速・・これだっけ?」夫ドン引き。正解だけど、いざチェンジしたのは3速。あたふたしてしまいエンスト。路肩に寄せて、夫にバトンタッチ。夫、気を取り直してお説教モード。こういう場合、夫は代わったりせず最後までやらせるんだけど、今回は致し方ないという感じで引き受けてくれたけど、代わってもらえると思ってる私の甘えも含めてお説教。免許、一緒に取りに行ったはずなのに、運転時間は私のほうが長そうなのにこんなにも今違うのは何でだろ。

↓ スプリングボック郊外にあるグーギャップ自然保護区。ここも満開。

グーギャップ自然保護区

goegap nature reserve

グーギャップ自然保護区にも4駆専用ルートがあり、この日は2駆ルートを走行。

グーギャップ自然保護区2駆ルート

グーギャップ自然保護区の管理事務所。パンフレットと地図などを貰えます。

グーギャップ自然保護区管理事務所

ここで日本在住のご夫婦と出会いました。60代のご夫婦で、ご主人は35年前くらいに、まだキリマンジャロがこんなに観光地化されてなくて登山ルートも確立されてない頃に現地ガイドさんと登ったそう。生物学の先生だそうで、植物についても少しですがお話することができました。

グーギャップ

グーギャップ2

↓ オリックス。会いたかった動物のひとつ。

オリックス

グーギャップ3

グーギャップ4

グーギャップ5

グーギャップ6

小動物の穴。蛇かも。どこかのTVの撮影隊がこの前でひたすら何かを待ってました。

小動物の穴

そういえば、ちょうどNHKのホットスポット最後の楽園の撮影もこの時期と被ってたみたい。

↓ 北ケープ州やナミビアで見られる、キヴァーツリー(quiver tree)。アロエの仲間。サン族が矢筒(quiver)を作るのにこの木の皮を使うことからキヴァーツリー。

キヴァーツリー

グーギャップ7

グーギャップ8

グーギャップ9

グーギャップ10

このごちゃごちゃっと咲いた感じが好き。

グーギャップ11

グーギャップの後は再びナマクア国立公園へ。絶景!

スキルパッド保護区

スキルパッド保護区2

スキルパッド保護区3

太陽を見上げる感じのアングルだと花の気分が味わえる。

デイジーと太陽

ナマクアランドデイジー

スキルパッド保護区4

この日は4駆推奨ルートを走行。山間を通りながらスプリングボックへ抜けるルートです。案内所の人の話ではカラカルも時々現れるそうですが、私達は会えず。

↓ ディクディク。

ディクディク

ナマクア国立公園4駆ルート

廃墟。

廃墟

まだらなピンク。ここも黄色や紫やピンクに一面が染まる日があるのかも。

ナマクア国立公園4駆ルート2

本当に町に着くのか不安になる景色だけど素敵な景色です。

"ナマクア国立公園4駆ルート3</p

スプリングボック。車の前を横切ってしまうのが可愛らしい。シマウマとかヌーはじっとしてるか車の後ろを横切るんですよね。

スプリングボック

いっぱいいた。1頭が駆け出すと全員こんな感じに振り返りながら走って行っちゃいます。

スプリングボックの群れ

しばらく走っていると、すすきが辺り一帯に広がってました。

一面のすすき

すすき

すすき2

すすき3

すすき4

壮大な景色なので車から降りる時間も増えます。運転者の夫も降りて写真を撮ったりしますが・・この時は何やら進行方向を確認中。

ナマクア国立公園4駆ルート4

↓ これから通る道。左の山を回り込むように道が続いているのがわかりますか?ここまでもこんな感じのダートを走ってきたんだけど、細そうで対向車来たらって考えちゃう。南アフリカは左側通行なのでこの場合は内側。

ナマクア国立公園4駆ルート5

幸い対向車はこない。誰もいない。町も見えない。もうすぐ日が暮れるのでなるべく早く町へたどり着きたいはずなのに、どこを見ても壮大な風景なのでつい停車。

ナマクア国立公園4駆ルート6

たぶんバオバブの赤ちゃん。

バオバブ

ナマクア国立公園4駆ルート7

この日も絶景ドライブを堪能。花畑が出現する場所は毎年変わるため、見つけるのが大変困難だと前にも触れましたが、伝わりましたか?

ナマクア国立公園4駆ルート8

夕焼け。真っ暗になる前にキャンプ地に帰れました。アフリカ滞在中は早寝早起きの日々でした。

ナマクアランドの夕焼け

次は、ナマクア国立公園のウェストコーストというコースをドライブした時のことを。

2 コメント

  1. きれいですね、野生の花畑というのは、人の手を加えていない分、心打つものがあります。何でススキも今なの?と、日本とは違う場所なのだと思わずにはいられません。ありがとう。なかなかこういった景色の出ているサイトはないので、自分も一緒にドライブした気分を味わえます。
    私はこないだ二週間休みをもらって南カリフォルニアの友人宅に居候していたのですが、サンディエゴ近くのフラワーフィールドというお花畑に行きました。でもまだ早かったみたいで、お花は少しだけ。残念。

    • akikoさんへ

      コメントありがとうございます。
      南カリフォルニアに行かれてたのですね。
      暮らすように滞在できるなんて素敵です。
      花や木がよく育つ気候の場所で自給自足的な生活が送りたいなとふと考えることがあって、カリフォルニアっていいなぁと思ったりしています。
      フラワーフィールドのお花はシーズン最初だったのですね。残念!
      私達は今回野生の花畑の魅力にどっぷりハマってしまったので、アンテロープ・バレーのポピーもいつか見に行く候補のひとつです。
      カールスバッドのフラワーフィールドは知らなかったので、こちらこそ情報をありがとうございます。
      サンディエゴから花畑を求めて北上するドライブルートもいいかも・・と妄想してます。

      お休み明けのお仕事は何かと忙しいかと思いますが、体に気を付けて下さいね。
      まだお花畑の日記は続きますので、癒されにいらして下さい。

コメントを残す