バンコクのレストランとお気に入りカレー

【2013年9月16~18日の日記】

アユタヤからバンコクまではタクシーで1時間。チップ込みで1,300THB。

バンコクではいつもヒルトンですが、いつもより少し高い料金だったので今回は他のホテルに。

BTSのNational Stadium駅の近くにあるHotel Lit。比較的新しいホテル。

Hotel Lit

宿泊した部屋の造りが少し変わっていて、入口から縦割りの間取りなんです。つまり、ベッドルームの裏側にバスルームが長細くあるんですけど・・・↓こんな感じ。バスタブとシャワーブースが独立しているタイプなので日本人向き。安いし治安もよく大型ショッピングセンターもいっぱいある地域なので、女子旅なんかにはオススメですね。いろんな部屋タイプがあるみたいだけど、このタイプならお風呂入りやすいかと。

Hotel Lit バルスーム

バンコクでは必ず行くレストランがあります。シャングリラホテルの近くにある『Queen of Curry』 ここのカレーがお気に入りの夫。ただ、夫は消去法的にここを選んでいるみたいなんですが、今回新たなメニューの発見により、ここじゃなきゃ!ってなりました。

↓ マッサマン・カレー。アメリカCNNの独自ランキング、世界で最も美味しい料理50選の1位に輝いた料理です。現地名は『kaeng matsaman(ゲーン マッサマン)』

Queen of Curryのマッサマン・カレー

夫は初日、マッサマンカレーを頼む私を訝しげに見ながら、いつもの安定のイエローカレーとオニオンリング。

Queen of Curryのイエロー・カレー

マッサマンカレーを一口食べて、次から絶対マッサマンカレー!って気に入った様子。おかげで3日間みっちりココへ。。

ここのカレーはそんなに辛くないですが、ビールよりもマンゴーシェイクが合います。

Queen of Curryのマンゴーシェイク

↓ 別の日。私は違うものも食べたいので、鶏ひき肉と野菜のタイ炒め。ガパオライスみたいなやつ。これ、ちょっと塩っ辛いけど好きです。

Queen of Curryのガパオライス

↓ レッドカレー。少し酸味があり、油っぽさが少なく、見た目とは違い辛さはマイルド。

Queen of Curryのレッドカレー

夫はあれからずーっとマッサマンカレー。マッサマンカレーはタイのイエローカレーとインドのバターチキンのいいとこ取りって味わいで、鶏肉とナッツ類のペーストを使ったココナッツカレーのことです。タイのジャスミンライスより、日本のもっちりしたお米や、バターナンなんかに合いそう。このお店での1回の食事の料金の目安は2人で大体650~900THB。

↓ 夫が私と合流する前、1人でバンコク滞在したときもここに毎日来てたみたいで、さすがに顔を覚えられ、スイカシェイクのサービス。

Queen of Curryのすいかシェイク

↓ タイのマンゴースイーツ専門店のチェーン店、『Mango Tango』

マンゴータンゴ

サイアムスクエア近くの店舗は混んでて、席も少ない。味はまぁまぁ。いろんな形でマンゴーを楽しめるのでマンゴー好きなら一度は観光も兼ねて。

マンゴータンゴ2

↓ 最終日のランチにスクンビットのシェラトン内にある『バジル』にも行ってきました。ブルーエレファントと迷ってましたが、ブルーエレファントは夜のほうが良さそう。

バジル

予約は必要ありません。

バジル

メニューはiPad。日本語表示もあり。

前菜。セロリとホタテのナンプラー和えのようなもの。

バジル

私が頼んだマンゴーシェイクには生姜が入っていて辛かった。

バジル

↓ ライスの種類が選べます。左から黒米、スチームライス、バジルライス。ライスはお気に入りのレストランより断然美味しい。

バジル ライス

↓ 殻付き蟹のイエローカレー炒め。バンコク名物。

バジル 蟹のイエローカレー炒め

↓ レッドカレー。ズッキーニとバジル、青りんご、レモングラスが入りすぎててちょっと気持ち悪くなるくらいの強い香り。

バジル レッドカレー

↓ 夫はここでもマッサマンカレー。やっぱりカレーはお店ごとに味が全然違います。屋台でももしあれば食べてみたいなぁ。ここのマッサマンカレーは夫の好みじゃなかったみたい。

バジル マッサマンカレー

↓ ホアヒンからずっと気になっていたパイナップルチャーハン。

バジル パイナップルチャーハン

↓ 想像以上の量でもうお腹いっぱい。デザートは諦めました。これだけ食べて2,300THB。

バジルの料理

タイの屋台は清潔だと私は思うので、観光にもなるし屋台がオススメ。ホアヒンからずっと私の希望でほぼ毎日屋台だったのでバンコクでは比較も兼ねてレストランへ。

↓ 私の中でバンコクのデザートといえばコレ。屋台のバナナパンケーキ、『ロティ』 生地はクレープのような液状ではなく、パン生地。チャパティを少し分厚く伸ばしたもの。写真右下の白い布の下に生地が寝かされてます。イーストを使用してないので発酵はしない。

カオサンロード バナナパンケーキ

夫はヌテラ、私はコンデスミルク。たぶん600kcalくらいあると思います。ひとつをシェアで十分だろうけど、これは独り占めしたくなるんですよね。

バナナパンケーキ

帰国後、なんとなく似せて作ってみたカレー。マッサマンカレーなのかバターチキンなのか、インパクトにかける味に。練習しよ。

手作りカレー

次はタイ観光最後の日記、バンコクでの日々とマッサージ等について書きたいと思います。

2 コメント

  1. どれも美味しそうですね!
    とっても参考になりました。
    カレーと一緒に頂く飲み物が…とっても美味しそうです。

コメントを残す