イタイプダムとバードパーク

【2013年4月26~5月1日の日記】

イグアスの滝からブラジルのフォス・ド・イグアスの町まではバスで40分ほどかかります。

イグアスの町には6日間滞在。ネット環境が安定していて、速度も速く、美味しいシュハスカリアにも出会ったので、予定より大幅に長居しました。

↓ 町からバスで30分ほどのところにある、世界最大級の発電量を誇るイタイプダムに行って来ました。

イタイプダム

イタイプダムは観光地にもなっていて、いくつかの観光プランが用意されています。発電施設内を見学できるプランもあったけど、私たちは屋外をを軽く見学できるバスツアーにしました。ガイド付き、ひとり24BRL(約1,200円)。夜のライトアップツアーなんてのもあります。

イタイプダムの観光バス

イタイプダムの敷地内でカピバラに会えました。居ついてるなんて知らなかったので感動しました。ダムの思い出はカピバラ!

イタイプダム カピバラ家族

カピバラさん。頭から足の先まで、大好きなシルエット。パンタナールに行けば野生のカピバラ群団に会えるはずですが、水位が最も高い時期だったので、一度に沢山の野生動物が見られる時期に行きたいねってことで諦めたので、ここで会えて嬉しかったなぁ。

イタイプダム カピバラさん

イタイプダムは広すぎて、大きすぎて、その巨大さは写真では伝えられません。このダムは、パラグアイとブラジルの国境にあって、両国の共同管理。発電した電力は均等に分け、その電力は、ブラジルでは国全体の20%の電力を担い、パラグアイでは100%賄え、更にパラグアイは人口が少ないので、余りが出てブラジルに売っているそうです。

生憎、この時は放水しているのが1箇所のみで、静かなものでした。

イタイプダム

↓ イグアスの町から3kmほど離れた場所にあるショッピングセンター。宿の隣の薬局でTIMのプリペイドsimを買ったんですが、使えなくてTIMのカウンターを調べてたら、このショッピングセンターに辿り着きました。

イグアスの町 デパート

TIMを使いたい場合は、CPF、納税者番号が必要なんです。simを挿すとCPF入力画面が出てくる。当然旅行者はCPFなんて持っていないので、パスポート番号や他の代替手段で何とか使えないかカウンターに質問しに行ったんだけど、やっぱりダメで、TIMは使えず。TIMはイタリアの通信会社で、イタリアではめっちゃ使いやすかったので、期待したんですが。

このショッピングセンターには他にもVivoやOi、Claroが入っていて、事前に調べていた情報ではVivoが良さそうだったので、Vivoへ。たまたま英語が堪能なお客さんがいて、その人が店員さんと夫の間に入り、無事契約完了!具体的な数字は覚えている範囲でまとめていつか。

↓ 夫の好物、フローズンヨーグルト。マンゴーがジューシーでハズレがない。右奥の飲み物はアサイーです。ブラジルにいる間は毎日飲むって決めてます。

アサイーとフローズンヨーグルト

仕事で疲れたら、フローズンヨーグルトでリフレッシュして、夜はお気に入りのシュハスカリアへ。

初日からほぼ毎日通ったシュハスカリア。安くて美味しいんです。他の町で色んなクラスのシュハスカリアへ行きましたが、ここが一番。

シュハスカリアは肉料理を出すレストランのことです。お肉の塊に岩塩やそのお店ならではのスパイスをまぶして、炭火で炙り、串に刺したままの状態で各テーブルに持って来てくれて、好きなだけ切り分けてくれます。なので、いつでも焼きたて状態で、炙られた表面を食べるので焼き過ぎの心配もなく、美味しく食べられます。

Churrasacaria Toropicna

Churrasacaria Toropicna2

お肉はランダムに次々と回ってきます。最初は持って来てくれるもの全て、一切れずつ食べてたけど、慣れてくると好きな部位が回ってくるまでパスしたりするようになります。

↓ 日本ではあまり馴染みがない、牛のコブの部分のお肉。比較的脂が多い部分で私たちは大好き。

Churrasacaria Toropicna3

↓ 焼きパイナップル。シナモンとブラウンシュガーが表面にたっぷりかけられてます。シナモンは苦手だったけど、旅行中に徐々に食べられるように。このパイナップルは本当にジューシーでお腹いっぱいでも食べてみてほしい。

Churrasacaria Toropicna4

シュハスコは基本的に食べ放題。野菜やお米、パスタ、デザート類もビュッフェ方式。ビールを飲んで2人で47BRL(約2,350円)。この金額で食べられる場所はブラジルでは他にありません。飛び抜けて安かったお店でした。

イグアスには空港があります。その空港の近くにバードパークがあります。飛行機に乗る前に、寄って来ました。

↓ フラミンゴってどうして必ず入口にいるんでしょうね?

イグアスの滝バードパーク

↓ 綺麗~。和食器の柄みたいです。

イグアスの滝バードパーク

トレイルを歩いていると、横歩きでついて来る鳥。私達が止まると一緒に止まるんです。

イグアスの滝バードパーク2

↓ この子もついて来る。だるまさんが転んだみたいな感じで、チラッと見ると笑うような素振りを見せます。

イグアスの滝バードパーク3

↓ 両端に鳥がいるのが見えますか?この子たちも横を通るとしばらく手すり沿いについて来ます。

イグアスの滝バードパーク4

トゥッカーノ。バナナみたいな大きな嘴が特徴。人懐っこくて可愛らしい鳥。色んなポーズをしてくれますよ。

イグアスの滝バードパーク5

イグアスの滝で早朝にトゥッカーノが飛んでいる姿を見たんだけど、その姿が千と千尋の湯婆婆そっくり。結構迫力あります。

イグアスの滝バードパーク6

イグアスの滝バードパーク7

背中に乗られている観光客も。

蛇は檻越しで。顔だけ出して水浴び中。

イグアスの滝バードパーク8

↓ ハチドリ。飛んでいる姿は蝶のように華やか。

イグアスの滝バードパーク9

↓ コンゴウインコ。つがいですね。一夫一婦制で生涯一緒にいるそうです。

イグアスの滝バードパーク10

イグアスの後はアマゾン最大の街、マナウスへ。

私の計画では、イグアスからボニートへ行くつもりでした。でも、イグアスからボニートへは直行バスがなく、経由地のカンポグランジは大きな街だけど特に何もなさそうで、このタイミングでボニートへ行くと、必然的にカンポグランジで月初を迎えそうだったので行かず。・・・本当は水中カメラを失くしたのが大きな理由だったりします。スキャンしてiPhoneに入れた取扱説明書をなかなか削除できない。本体ないのに。

次はブラジル国内の移動について書きたいと思います。

↓ カナダのブッチャートガーデンで撮ったハチドリ。(2010年、単独で友人宅へ行ったときのもの) 夫の写真に対抗して載せてみました。

カナダ ブッチャートガーデン

3 コメント

  1. 初めまして
    これからイグアスの滝に行こうと思い色々情報を集めています。
    素敵な旅の記録を是非参考にさせていただきたいと思っています。
    大変恐縮ですが、この記事で紹介されているシュハスカリアのおおよその場所か名前が
    お分かりでしたら教えていただけないでしょうか?約一年前のことで恐縮ですが、よろしくお願いします。

    • ぶんさんへ

      コメントありがとうございます。
      初めまして。
      掲載した写真のシュハスカリアはフォス・ド・イグアスの町にある『Churrascaria e Pizzaria Tropicana』というお店です。(Tripadviserはこちら)
      イグアスの滝公園からフォス・ド・イグアスのセントラル行きのバスが通る道沿い(Av. Juscelino Kubitschek)にあります。
      地球の歩き方に掲載されている住所は『Av. Juscelino Kubitschek, 228』 検索する際は Foz do Iguacuを足して検索すると表示されますが、若干ズレているので番地を頼りに。治安はいいので歩くのも大丈夫かと思います。

      こちらのシュハスカリアの素晴らしいところはコストパフォーマンスです。滞在日数に余裕があり、もっちりとした生地がお好きならこちらのピザもお試しを。

      素敵なご旅行になるといいですね。
      また遊びにいらしてください!

  2. 丁寧に教えていただきありがとうございました。
    是非行きたいと思います。
    ブログも楽しませていただいています。
    またよらせていただきたいと思います。
    本当にありがとうございました。

コメントを残す