イグアスの滝 ホテル ダス・カタラタスとヘリコプター遊覧

【2013年4月24~25日の日記】

入園ゲートでチケットを買って、送迎場所まで移動します。送迎場所は入園ゲートから50mほど離れていて、車の料金所のような場所にあります。

ダスカタラタス 送迎場所

小さいけど、コーヒーが飲めるラウンジがありました。壁のペンキを塗り替え中だったみたい。

ダスカタラタス ラウンジ

ダスカタラタス 送迎車

ゲートから10分くらいでホテルに到着。

Hotel das Cataratas

ホテルの予約はアメックスのプラチナデスクを通して行いました。滝の見える部屋を強くリクエストしておいた甲斐があり、滝側のお部屋。滝が見える部屋はほんの一部なので、要リクエストです。(間取り図と泊まった部屋を合わせて考えると、滝が見える部屋は7部屋ほどかと)
デスクを通したので、チェックイン時に空きがあればワンランク上の部屋にしてもらえるのですが、今回は部屋から滝が見えることを優先して、もしアップグレードしてもらったがために滝が見えないならお断りしますと伝えておきました。

↓ 部屋。調度品はクラシックで落ち着いた雰囲気。

ダスカタラタス 滝が見える部屋

↓ 部屋からの眺め。滝の音を1日中聞いていられます。

ダスカタラタス 部屋からの景色

ホテル側の好意で、チェックイン時にたまたま空きがでた、プレジデントルームを勧められ、部屋を見せてもらいました。まだハウスキーピングが入る前の状態だったので、写真は控えたのですが、3部屋くらいあり、私達がいつも使用しているエスプレッソマシーンが置いてあり、完璧な形で滝が見える。滝の全体が見えるのはプレジデントルームだけ。この部屋に空きが出ること自体とてもラッキーな事らしく、かなり勧められたんだけど、1泊につき、1000US$ほど跳ね上がるらしいので、やめておきました。私たちの部屋はプレジデントルームの2部屋隣くらいの位置。

↓ ホテルのプール。

ダスカタラタス プール

↓ バー。この雰囲気大好きです。

ダスカタラタス カフェ

↓ 部屋から見える夕焼け。朝と夕方は水蒸気が滝を覆います。

部屋からの夕焼け

部屋からの夕日

↓ ディナービュッフェ。

ディナービュッフェ

ブラジルワイン、シャルドネの白。ブラジルではビールがオススメです。

ブラジルワイン

↓ アルゼンチンもブラジルも牛肉大国ですが、肉質が微妙に違います。ブラジルは野性的な味だけど、焼き方が上手、というか、ローストビーフの様に、大きな塊の状態で、直火で外側だけカリっと焼いて、このように薄く切っていくので、焼き過ぎって状態が少ないんです。

シュハスコ

シュハスコ2

あと、プリンが激甘で私たちのお気に入り。

デザート

レストランから見えるお庭にウサギが遊びに来てました。

ホテルの庭のうさぎ

私たちは食後に気がついたのだけど、プールサイドにあるビュッフェ形式のレストランの他に、滝が見える側のレストランもあります。滝側のレストランはアラカルトでオーダーできるので、私達もディナーはそっちにすればよかったとちょっと後悔。ビュッフェももちろん美味しかったんだけど、せっかくなら滝側がよかったねと。

↓ ホテルの鐘楼のような場所から。朝の滝。

滝の朝焼け

↓ ブラジルと言えばこの鳥、トゥッカーノ。部屋の近くの木にとまっているのを夫が撮影。身だしなみを整えているのかな。夫が撮る動物の写真は私のツボです。

トゥッカーノ

キツツキも。キツツキの尻尾ってつっかえ棒みたいになってて、足のカギ爪と尻尾を使って、こんな風に木にへばりついていられるんですね。

キツツキ

↓ 朝食前に滝を散歩。遊歩道には誰もいません。

朝のイグアスの滝

朝のイグアスの滝2

独り占め。

朝のイグアスの滝 遊歩道

朝食ビュッフェにはシャンパンも。

朝食にシャンパン

朝は控えているはずだけど、甘いモノが並んでいるとつい食べて・・・・・。

朝食ビュッフェ

↓ ビジネスセンター。

ビジネスセンター

ホテル・ダス・カタラタスはアメックスの『ファイン・ホテル&リゾート』の特典が受けられるホテル。ファイン・ホテル&リゾートの特典は以下のとおり。

・チェックイン時の空室状況により、1ランク上のお部屋へアップグレード
・ チェックイン時の空室状況により、12:00よりチェックイン
・ チェックアウト時間の延長(16:00 まで)
・ご滞在中の朝食をサービス(2 名さままで)
・ホテル・オリジナル特典

12時からチェックインして、16時まで部屋が使えるのは嬉しいです。

↓ 朝食の後はパソコンをしてり、プールでのんびりしたり。ここで、楽しみにしていた本場のアサイーを。ブラジル滞在中、ほぼ毎日アサイーを飲んでましたが、ここのが一番美味しかったなー。

プールサイド

プールサイドでごろごろしていると、30分に1回くらい、フルーツとおしぼりを持って来てくれます。

プールサイド2

私がごろごろしている横にスズメが遊びに。

プールサイドの鳥

これでホテル滞在は終了。オリエント・エクスプレス系列のホテルに泊まったのは初めてだったけど、とても気に入ってしまいました。4周目のアフリカのサファリで泊まれたら・・・なんて。

チェックアウト後は入園ゲートまで送ってもらい、ヘリコプターに乗ってみました。16時半を過ぎると営業していない会社もあるので注意です。

イグアスの滝 ヘリコプター遊覧

イグアスの滝のみ遊覧するプランで飛行時間は10分、2人で450BRL(約22,500円)。この時1BRL=50JPNだったのですが、今日(7/23)だと1BRL=44JPNなんですね。

最初に見えるのはブラジル側の滝。見えている建物が、ホテル・ダス・カタラタス。滝が近いのがよくわかります。

ダスカタラタスの場所

↓ ホテルの部屋から見える滝はこの部分。

イグアスの滝 ヘリコプター遊覧

↓ 大きく旋回して、アルゼンチン側の悪魔の喉笛。

イグアスの滝 ヘリコプター遊覧

上から見るとこうなってたのかーと何だか感動しました。イグアスを出る時は飛行機を使ったんだけど、座席の位置が悪かったのか、滝は見えなかったのでここで見といてよかった。

イグアスの滝 ヘリコプター遊覧

イグアスの滝 ヘリコプター遊覧

イグアスの滝 ヘリコプター遊覧

イグアスの滝 ヘリコプター遊覧

↓ iPhoneでも撮ってみました。窓がなかったので、手を出して。落としたらどうしよ・・・って怖かったけど撮らずにはいられなかった。

イグアスの滝 ヘリコプター遊覧

↓ イグアスの滝に流れ込む川とジャングル。見渡す限りのジャングル!

イグアスの滝の周辺 ジャングル

イグアスの滝観光はここまで、3日間みっちり観光しました!

ちなみに、1日でブラジル側、アルゼンチン側の両方を見ることも可能ですが、2つの滝を公園内で行ったり来たりは無理です。なので、当然ですが、両国別々のチケットが必要です。

この後はまだしばらくイグアスの町に滞在。イグアスの後は一気にマナウスまで飛行機を使います。とりあえず次はイグアスの町での日々について書きたいと思います。

旅には関係ないけど鳥つながりで・・・。

↓ 最近、庭に毎日水浴びに来る鳥。家族で交代で水浴びしてます。最近は鳩も日向ぼっこしに来るようになり、庭をてくてく歩く姿に癒されています。なんか馴染んでる姿に逞しさまで感じています。

水戸の日常

コメントを残す