ロス・グラシアレス公園 ペリト・モレノ氷河とトレッキング

【2013年4月13日の日記】

チリのプエルト・ナタレスからバスで5時間。アルゼンチンのエル・カラファテに到着。

↓ チリとアルゼンチンの国境、チリ側から。パスポートにスタンプを押されるくらいで、特に荷物のチェックもなく拍子抜け。電子機器で引っかかるかもって心配してたので。

チリ・アルゼンチンの国境

↓ 延々と続く道路と大草原。

アルゼンチンの大草原

何もない荒野というイメージだったけど、実際はカラファテの町はとても可愛らしい雰囲気。アルゼンチン側のパタゴニアに入り、針葉樹が多くなり、ちょうど紅葉の季節で、日本とは少し違う秋の雰囲気を味わえました。

↓ カラファテの町の入口。バスの中から。

カラファテの町

到着日にツアー探し。ペリトモレノ氷河を見て、氷河の上を歩くという内容のツアーを希望。3社くらい聞いたけど、どこも殆ど同じ。違いは氷上でウィスキーが飲めるかどうかくらいかな。
氷河トレッキングは1.5時間か3時間か選べます。違いは、3時間のロングトレッキングの場合は展望台からの観光ができないこと。なので崩落シーンをたっぷり見たければ1.5時間のミニトレッキングを。
氷河見学、氷河クルーズ、氷河トレッキング1.5時間、ウィスキー付きで料金はひとり720ARS。(約14,400円) クレジットカード利用。 アイゼンのレンタル料は込。公園入園料とランチは別。

・・・・クレジットカードの手数料を結構取られましたが(たぶん8%くらい)、アルゼンチンはATMの手数料も1回につき20ARS(約400円)程かかり、ATMによってはマキシマムの金額が低いので、それならカードのほうがポイント還元率まで考慮すると若干お得な計算になったようです。(夫任せ)

カラファテからバスで1時間半。ロス・グラシアレス国立公園、ペリト・モレノ氷河に到着。入園料はひとり130ARS。(約2,600円) アルゼンチンの物価上昇率は年率25%以上!持っている2年前(10・11年度版)のガイドブックには入園料は60ARSと記載されてたので、インフレが激しいというのがよくわかりますね。(ガイドブックは年度よりも更に古い情報だろうけども)

↓ ペリト・モレノ氷河。氷河の正面には展望ルートが整備されています。

ペリトモレノ氷河展望ルート

カラファテの町

整備されたルートを通ると、上からも下からも氷河を楽しめます。

ペリトモレノ氷河

氷河の中からピシッ・・ピシッ・・って音が聞こえてきます。ちょっと怖いくらいの音です。

ペリトモレノ氷河2

氷河の崩落を待つ・・・。

ペリトモレノ氷河3

10分くらいで崩落シーンが見られました。この日は天気が良く、太陽が照り付けている部分が狙い目。

ペリトモレノ氷河 崩落アップ

↓ 崩落そのものも迫力があるのだけど、その後、氷が落ちた後がスゴイんです。水の波紋が先に崩落した氷河にあたり、うねるように氷河の先端に再度ぶつかるんです。その時、氷が動くのか、ゴォーってまた大きな音が響くんですよ。この氷河は1日に1~2mも移動するそうです。

ペリトモレノ氷河 崩落の波紋

展望台での観覧時間は1時間ほど。その間に各自ランチも済ませます。

ペリトモレノ氷河4

ツアーバスの降車場周辺にランチがとれる小さなレストランがあります。私たちは氷河を見ていたかったので展望台のベンチでお菓子を。その甲斐あり、崩落は結構満足できるほど見られました。動画も撮影できた!

あと、思ってたより全然寒くない。カメラも寒さで挙動不審になったらどうしようかと思ってたけど問題なし。

↓ 氷河周辺の森にいたキツツキ。凛々しく木をコツコツつついてました。

キツツキ

ランチの後は船で氷河トレッキングのポイントまで移動。

ペリトモレノ氷河クルーズ

↓ 船からのペリトモレノ氷河。

ペリトモレノ氷河クルーズ2

↓ 氷河の高さは60m。船上から見ると高さがよく分かります。氷河周辺は森や岩肌むき出しの山。独特の景色の中を船は進みます。

ペリトモレノ氷河の高さ

ペリトモレノ氷河5

ペリトモレノ氷河6

ペリトモレノ氷河7

ペリトモレノ氷河8

ペリトモレノ氷河9

ペリトモレノ氷河10

↓ 彩雲。シャボン玉みたいな色なんですね。

パタゴニアの雲

↓ 風で千切られた積雲。パタゴニアの雲は風が強いからか面白い形が多い。

パタゴニアの雲2

30分ほどのクルーズで氷河トレッキングのポイントに到着。

ペリトモレノ氷河トレッキング

↓ 歩くとこあるのかなーと思う景色。

ペリトモレノ氷河11

↓ アイゼン、スペイン語でクランポンはツアー代金に含まれています。

氷河トレッキング装備Crampons

自分では装着不可なので、全員ガイドに装着してもらいます。

氷河トレッキング装備装着

靴はスニーカーでOK。さすがにクロックスはダメって言われました。装着してもらっている時英語で会話してたんだけど、し終えた時に一言、『アシヲ~ヒライテ』と日本語が聞こえた。びっくりしたなー。クランポンを装着して歩く基本なんだけど、たぶんここのガイドはこのフレーズだけは多言語なんでしょう。

クランポン

トレッキングの説明を受けている時も、崩落が見られました。すごい音なので、みんなガイドの説明じゃなく氷河に目が向きます。

崩落

↓ アイストレッキング開始。意外と平坦な道だけど、慣れないクランポンで歩みは遅い。ザックザック氷の感触を感じながら歩くのは楽しい!

氷河トレッキング2

氷河トレッキング3

↓ この穴、下で繋がってます。

氷河トレッキング4

2つの穴を行き来するガイド。これは観光客は真似しちゃダメ。

氷河トレッキング5

アイストレッキングの風景。

氷河トレッキング6

↓ 氷河に生息する昆虫。日本語名はセッケイカワゲラ。普通の昆虫とは違い、暑いと生きていけないそうです。餌は有機物なら何でも捕食するそう。後でネットで調べて知ったのですが、この虫は太陽コンパスを使って移動するそうです。安部公房のユープケッチャって実在したらこんなかな。足はあるけどね。

氷河に生きる昆虫

氷河トレッキング7

↓ 氷の裂け目。

氷河トレッキング8 クレバス

↓ 氷河の上でのウィスキータイム!アルゼンチンのお菓子、アルファフォーレス付き。

氷河でウィスキー

ウィスキー用の氷を採取中。

氷採取

オンザロック!!

オンザロック

夫も氷を採取。

氷採取 夫

あ・・アルフォーレスってお菓子は、日本のお菓子で例えるとロッテのプチチョコパイくらいの大きさで、チョコレートが染み込んだビスケットでキャラメルソースを挟んだカロリーお化けのようなもの。美味しいんですよー!

アイストレッキング中は寒いのかと思ってたけど、全然寒くなく、靴も濡れずに歩けたので、景色をたっぷり楽しめたと思います。

あと、ペリトモレノ氷河とプサラ氷河を組み合わせる日帰りツアーはなかったです。ウプサラ氷河のみならカラファテから日帰り可能です。私たちはこの後のスケジュールが詰まってたので、ペリトモレノ氷河のみ観光しました。

次はカラファテの町の美味しいレストランについて書きたいと思います。

アイストレッキング記念

4 コメント

  1. こんにちは❗素晴らしい体験談、拝見させて頂きました🎵ご夫婦で世界一周素敵過ぎです❗
    ところで、私、今年の年末年始にパタゴニアに一人で行く予定なんですが、カラファテからの現地ツアーを探しています。
    参加されたツアーは日本から予約できますでしょうか?時期的に混んでると思って❗、、、
    ご存知でしたらお知らせ下さい❗

    • Toshi さま

      こんにちは。
      コメントありがとうございます。
      パタゴニアへの一人旅ってかっこいいですね!

      私達が利用したツアー会社(ALWAYS GLACIERS)はおそらく現地申込のみだったと思います。
      カラファテの街には氷河ツアーを催行するツアー会社がたくさんありますが、確かに満員だったらと思うと不安ですよね。
      もう検索済みかもしれませんが、Trip advisorのツアー&アクティビティの項目にツアー会社一覧が出てくるのでそちらからならコンタクト可能かもしれません。
      あとはAlan1系なら確実に事前予約可能だと思います。南米では利用したことがないですが、アジアで利用した時は特に問題はなかったです。

      夏のパタゴニアは日が長くていっぱい観光できそうですね。
      素敵な思い出がいっぱいできますように。

      あまり参考にならなかったかもしれませんが、また遊びにいらしてくださいね♪

  2. すいません😣💦⤵早速返信頂いてたのに、!
    今どの辺りにいるんでしょうか?旅を満喫されていることでしょうね🎵
    Always glacierとりあえずメールして返信待ちです❗ネットで色々調べているんですけど、sachikoさんと同じようなツアーがなく、あってもus$400だったりで、、、カラファテは3泊の予定で夜に着くんで、現地で探すのは厳しい感じです😱
    あとどのくらい旅をされるんでしょうか?どうぞ健康に気を着けて、素晴らしい思い出を沢山作って下さい❗
    私もいつか世界一周やっちゃいまーす🙋

    • Toshiさま

      こんにちは。
      アルゼンチンペソは私達が訪れた2013年より若干下落していますが、国内の物価が相変わらず上昇しているようですね。
      それでもひとり400US$は高いなーと思います。大体200US$前後かと思うのですが事前予約だと厳しいようですね。
      満足できるツアーが予約できるといいですね!
      私たちは現在日本にいます。雪が降る前の日本をあちこち巡っています。
      来週も温泉へ行きます。秋の日本を満喫したらまたどこか海外を放浪する予定ですが、期間は行きたいところが少なくなるまで・・と考えています。
      気が早いようですが年末年始まできっとあっという間でしょうね。Toshiさんのパタゴニア旅行が思いっきり楽しいものになるように夫婦で願ってますね!お気をつけて。

コメントを残す