パイネ 日帰りバスツアー

【2013年4月10日の日記】

パイネ2泊3日のトレッキングから帰り、更に翌日日帰りバスツアーにも参加してきました。

日帰りバスツアーも午前7時半ピックアップ。日の出前です。

まずはミロドンの洞窟へ。

ミロドンの洞窟

ミロドンって知ってますか?1万年前まで南米にいたらしい巨大なナマケモノで、こんなの。↓↓

ミロドン

この洞窟で化石が見つかったんだって。洞窟内はこぢんまりしていて、見所はミロドンの復元像くらい?入り口のビジターセンターには、発見された骨(顎や歯)のレプリカが展示されています。

あっ!ナタレスの町の道路標識にもミロドンが。

ナタレスの標識

ミロドンの洞窟から

洞窟を出たら日が昇ってました。今日もいい天気かも。

↓ グアナコ。ビクーニャにそっくりだけど、ビクーニャより体が大きい。

グアナコ

グアナコの顔はカンガルーみたいで愛らしい。ちょっと臆病です。

グアナコ2

↓ トレッキング中一度も見られなかったニャンドゥ。飛べないけど立派な翼を持ってます。英語だと”レア”って名前。体の形がこんなにまん丸だけど時速80kmで走れるそうですよ。

ニャンドゥ

↓ フラミンゴも。2種類のフラミンゴがいますね。今回の南米ではフラミンゴに沢山会いました。

フラミンゴ

この日帰りツアーは私達を含め6人だったんだけど、全員動物大好きで、写真撮る為に動物にどんどん近づいていく大人達。湖は道路下にあるので、フラミンゴに近づくためには、結構下りないとダメなんだけど、私以外全員下りた。それでもフラミンゴはちょっと遠い。

湖の塩。これは下りないと気が付かない部分。

塩湖

パイネの目的がトレッキングじゃない人には十分な内容のツアーではないでしょうか。

パイネの湖

↓ 川を渡るグアナコ。バスの中から撮ったんだけど、結構離れてるのにバスの音にびっくりして川渡っちゃうんですね。先頭のコはこっち見てます。

川を渡るグアナコ

↓ サルトグランデって名前の滝。大きな滝という意味。パイネグランデからペオエ湖を渡るボートからも少し見えます。

サルトグランデ

ペオエ湖のほとりに建つホテル、ラゴ・グレイでランチ。現金を持ってなかった私たちはランチ食べられず。本来クレジットカードは使えるみたいだけど、『今日はダメ』って。理由はたぶん『面倒だな・・・』。

ランチ

こんなキレイな景色なのに空腹って・・・。虚しい限り。

湖のほとり

ランチの後はグレイ湖へ。1.5kmほどの散歩道。

グレイ氷河へ

↓ グレイ湖到着。到着数分後から強風が吹き荒れます!やっとパイネの突風を体験出来た~。

グレイ氷河

そして寒い!強風が吹くとこんなに寒いんだって気がついた。トレッキング中は暑いくらい気候にも恵まれたので。

グレイ氷河2

グレイ氷河3

急に曇ってきて寒さ倍増。

グレイ氷河4

そんな中、流氷に乗る夫。波打ち際で氷が揺れまくってたので、氷の上にたつのは一苦労。手足を氷で切ってました。(笑)

流氷に乗る夫

周りにいた観光客も大爆笑!

グレイ氷河5

↓ グレイ湖からの帰りに見えた風景。ここからのトーレス・デル・パイネもオススメです。

トーレス・デル・パイネ

パイネ最高の景色

帰り道の途中、前のバスが数台この周辺で停車。どうやらピューマがいたらしい。食い散らかしたアトが残ってて、近くにいるんじゃないかって!しばらく待ってくれたんだけど現れず。。。日本語だとピューマですが、スペイン語だと綴りそのまま”プーマ”です。結局一度も会えなかったなー野生のピューマ。

ピューマの気配

パイネ日帰りツアーはこんな感じ。ミロドンの洞窟、サルトグランデ、ペオエ湖、グレイ氷河に行って18時頃にはナタレス到着。グレイ氷河を遊覧できるボートツアーと組み合わせられたら良かったんだけど、この時期はフェリーがなく無理でした。野生動物との遭遇率はトレッキングより今日のツアーのほうが高かったです。

これでチリの観光は終了です。楽しかったなーチリ!チリは旅行した中でも特に好きな国になりました。

明日はナタレスからアルゼンチンのエル・カラファテへ移動します。カラファテまでのバスを運行している会社は3社。Cootra、Zaahj、Pacheco。私たちはCootra社のバスで。Cootra社は1日1本、朝8時発(実際は8時半)、毎日運行。あとの2社は毎日は運行していません。

Cootraのバスターミナルまで案内してくれた犬。別れがたいわ・・・可愛すぎて。

バス停までの案内犬

ナタレスの町はグーグル・マップが対応してなくて、初めてiOS6のアップル製の地図が役に立った!

【チリのルート まとめ】

ウユニ塩湖より

サン・ペドロ・デ・アタカマ

サンティアゴ

ビーニャ・デル・マル

バルパライソ

プエルトモン

プエルト・ナタレス

アルゼンチンのエル・カラファテへ

3 コメント

  1. 初めまして たまに楽しませて頂いております。
    若い頃、山登りをしていました。南米 チリ パタゴニア はあこがれの地でした。
    写真やその土地の雰囲気がうかがえて 嬉しいです。
    良いのが有りましたら パイネも壁紙に と期待してしまいます。
    ありがとうございます。

  2. kenさんへ

    コメントありがとうございます。
    私達もパタゴニアの大地を歩くことに憧れがあり、徹底的にトレッキングしよう!と意気込んでこの地へ行きました。

    壁紙を期待して頂き嬉しいです。
    パイネの壁紙は作成済みではあるのですが
    満足する出来ではなかったので公開していませんでした。

    こちらが作成済みのパイネの壁紙です。
    http://data.world-surfing.jp/photo/wallpaper/paine.jpg
    http://data.world-surfing.jp/photo/wallpaper/paine2.jpg
    http://data.world-surfing.jp/photo/wallpaper/paine3.jpg

  3. 遅くなりましたが、パイネの壁紙頂きました。感激です。
    又 楽しみにしておりますありがとうございました。
                          ken

コメントを残す