チリのリゾート ビーニャ・デル・マルの雰囲気

【2013年3月25日~27日の日記】

サンティアゴからバスで2時間。Tur Bus利用、ひとり2,300CLP(約460円)。サンティアゴのバスターミナルは5つくらいあるそうですが、私達が利用したのはTerminal de Alameda。ビーニャ行きのバスが頻繁にあり、予約の必要はありません。

ビーニャのバスターミナル周辺は普通の街って感じですが、10分ほど歩くと椰子の木が並ぶ都会的な風景になります。

ビーニャ・デル・マルの街並み

↓ カジノあり。入り口に商品らしき車が展示してあるんだけど、その車がちょっと庶民的。

ビーニャ・デル・マルのカジノ

↓ ビーニャのビーチ。サーフィンをしている地元の人。ちょっと変わったサーフィンを楽しんでました。波に向かいながら波に乗るっていう感じ・・・ホバリングのようなことをしないんですよ。サーフィンしたことないけど、こういうものなのかな?

ビーニャ・デル・マルの海

季節は秋なので、泳いでいる人はいない。暑いけど風はひんやりしていて、日中の気温は20度前後。

ビーニャ・デル・マルのビーチ

砂浜アート。一応お金を置く場所もあります。

ビーニャ・デル・マルの砂浜アート

ビーニャ・デル・マルの砂浜アート2

↓ ビーニャからバルパライソ方面に魚市場があります。通常は電車やバスで行くんだけど、私たちは海岸線を歩いてみました。途中にあるウルフ城。

ビーニャ・デル・マルの雰囲気

城内のお庭に屋外チェス。

ビーニャ・デル・マル チェス

海を眺めていると、ちらほらと潜っている人を見かけます。漁をしている様子。

↓ ウェットスーツを着たお兄さんが大漁の網を抱えて向こう側から歩いてきたので、何が獲れたのか見せてもらいました。写真はアワビ。この他に左右のハサミの大きさが違うカニとか、蛤のような大きめの貝など、ほんとに大漁でした。

ビーニャ・デル・マルの漁師さん

私たちのお散歩の途中からずっとついて来る犬。完全に夫について行ってます。写真を撮ってる間は座って待ってるし、故意に止まったりすると振り返って戻ってくるし、ハタからみたら飼い犬状態。この距離感がたまらなくいじらしい。

ついて来るワンちゃん

向こう側に見えるのがバルパライソの街。

ビーニャ・デル・マルの海岸

海岸線にはモアイも。

ビーニャ・デル・マルのモアイ

↓ 魚市場到着。のんびり歩いて1時間くらいかかった。市場内に犬同伴はマズイかなと思って、もうダメだよーって言ったんだけど通じなくて、置いていくのが何だか悲しかった。結局置いてきぼりにしたんだけど、中で再会。その時には既に他のワンちゃんと戯れていてました。市場内には犬も猫も鳥もいっぱい!

ビーニャ・デル・マルの魚市場

↓ この辺りでは自炊をする旅行者が多いらしく、旅行者にも値段を提示してきます。オススメの調理方法まで教えてくれたり。

ビーニャ・デル・マルの魚市場2

私たちは見るだけ。

ビーニャ・デル・マルの魚市場3

魚市場の桟橋近くにゴロゴロいるアザラシ達。ものすごい太っていてセイウチのような体型。可哀想になるほど太ってます。

ビーニャ・デル・マルの魚市場4

ビーニャ・デル・マルの魚市場6

↓ 桟橋から売り物にならない魚を次々と海へ投げ入れる市場の人。

ビーニャ・デル・マルの魚市場7

↓ さらにそれに群がる鳥達。

ビーニャ・デル・マルの魚市場8

ビーニャ・デル・マルの魚市場9

ビーニャにはサンティアゴで気に入ったジェラート屋さん、ZENZEOの支店があるらしいことをZENZEROのサイトでチェックしてたので、行ってみることに。記載された住所はビーニャからバルパライソとは反対方面のコンコン近く。約10kmほどの距離で、バスで30分くらいかかるんですが、またまた散歩を兼ねて歩いてみました。

↓ コンコン方面の海。この辺りには可愛らしいホテルが点在していてのんびりした雰囲気。レンタカーがあるならこの辺りがオススメかも。

ビーニャ・デル・マルのビーチ コンコン方面

暑い中、コンコンを通りすぎて、丘を登り、住宅街を抜け、開発途中の砂山のような場所に到着。GoogleMapはココを指してるってところには野原しかない。もしかして、もしかして・・・まもなくオープン予定だったのかな?諦めきれないので、もう一度サイトチェックしたけど、スペイン語でもオープン予定って文字は見当たらず。何なのー?どこなの??

結局、見つけられず、地元に人に聞いたりしたけど、たぶんナイって結論に。諦めました。帰りはバス。

↓ ビーニャの海岸通りにあるレストラン、『San Martin』。

ビーニャ・デル・マル San Martin

↓ チリ名物のピスコサワー。初めて飲んでみました。アルコール度数が強くて甘い飲み物。

ビーニャ・デル・マル San Martin2

↓ エビのアーリオ・オーリオ。これ、想像と全然違ったもので、味も無味。

ビーニャ・デル・マル San Martin3

↓ エビのトマトパスタ。これもイマイチ。

ビーニャ・デル・マル San Martin4

↓ 次は、トリップアドバイザーを見て行ったお店、 『Moros y Cristianos』。

ビーニャ・デル・マル  Moros y Cristianos

エビとイカのリゾット。

ビーニャ・デル・マル  Moros y Cristianos2

エビと生ハムのタリアテッレ。

ビーニャ・デル・マル  Moros y Cristianos3

正直、このお店も微妙でした。ビーニャでは海鮮三昧の食生活をしようと思ってたけど、レストランへの期待値が大きく下回ってしまい、次のバルパライソまでもういいかなって。

ビーニャにはスタバもあります。新しい小さな洋館のような雰囲気で落ち着けます。

↓ 私達が宿泊していたホステルの隣にあるカフェ、『tea corner』。お茶の種類がかなり豊富で2回行きました。

ビーニャ・デル・マル Tea Corner

ケーキは全部手作り。お茶に添えられるクッキーも手作りで温かいお店。

ビーニャ・デル・マル Tea Corner2

で、ここのチーズケーキ、とっても美味しいです。日によって多少味が違う感じがしますが、チリのケーキの中ではダントツ美味しい!

ビーニャ・デル・マル Tea Corner3

↓ 気に入ったので、夫婦揃ってお替り。このカフェはオススメです。

ビーニャ・デル・マル Tea Corner4

↓ ビーニャには2泊。宿泊したホステル『Jaguar Hostel + Living』。このホステルもオススメ。オーナーも本当に良い人(美人!)だし、水回りが清潔でビーチにも遠くなくバス停も頑張れば歩ける場所。

ビーニャ・デル・マル San Martin

次はバルパライソに滞在します。

コメントを残す