ミュンヘンオクトーバーフェスト 2012

【2012年9月22日の日記】 4ヶ月遅れで更新中。

ミュンヘンオクトーバーフェストに行って来ました。

開催日初日と2日目はオープニングパレードが開催されます。私たちは初日のパレードを見てきました。ミュンヘン中央駅から取りあえずカールス広場方面へ。時間は11時過ぎくらい。ちょうどいい時間にちょうどいい場所に到着。雨が降ってたのが残念だったけどパレードはちゃんと見られました!

↓ パレードの先頭は警察。

ミュンヘンオクトーバーフェストオープニングパレード

ビールの樽を載せた荷台をそれぞれのお店を象徴する衣装を纏ったお馬さんが引っ張ります。

ミュンヘンオクトーバーフェストオープニングパレード2

↓ ミュンヘンといえば、真っ先に浮かぶビールメーカーのひとつ、パウラナー。

ミュンヘンオクトーバーフェストオープニングパレード3

レーベンブロイは牛が引っ張ってます。

ミュンヘンオクトーバーフェストオープニングパレード4

パレード中ももちろんビールを飲みながら。馬車に乗ってるお姉さんもおじさんもみんな飲んでます。

ミュンヘンオクトーバーフェストオープニングパレード5

↓ ホーフブロイハウス登場。

ミュンヘンオクトーバーフェストオープニングパレード5

パレードに使われている馬はどのコも手入れが行き届いていて、世話をしている人の愛を感じます。

ミュンヘンオクトーバーフェストオープニングパレード6

パレード初日は生憎の雨。東京ドーム9個分のというおっきな会場を歩き回りたかったけど雨なので控えめに。

ミュンヘンオクトーバーフェスト会場

↓ 力に自信のある男性に人気。ハンマーを振り下ろして錘を高く打ち上げる感じのやつ。夫がハマって何回もチャレンジ。

ミュンヘンオクトーバーフェストアトラクション

↓ 正面の白い建物がホーフブロイハウスのテント。これは予想通り満席。予約できるか聞いたら来年ならね(笑)って。人気テントの周りにはチケットを売る人がこっそりといます。ビール2杯付いて1席60ユーロくらいだったかな・・・。どうしても人気テントの中じゃないとって人にはこういう手もあるということで。

ミュンヘンオクトーバーフェストホーフブロイハウステント

↓ 当然パウラナーもいっぱい。中の様子は外からじゃ見えない。即席テントとは思えない規模ですよね、どれもこれも。

ミュンヘンオクトーバーフェストパウラナーテント

で、私たちはHippodromの屋外席へ。たまたま空席があり何とかビールにありつけた感じです。ビールは1リットルジョッキのみ。1杯9.5ユーロくらい。現金しか使えません。オーダー時に支払い。すっごい混雑してるけどテント内で働いている人はめっちゃテキパキ。しかも笑顔!テンパること無くスムーズ。

ミュンヘンオクトーバーフェスト1リットルビアー

ドイツ語で乾杯は『プロースト』 覚えておくと便利なフレーズ。

ミュンヘンオクトーバーフェスト2012

オクトーバーフェストだけど、10月中の開催というわけではなく、10月の第1日曜日を最終日とする16日間催されるお祭り。知らなくてずっと漠然と10月って思ってました。2013年は9月21日から10月6日までだそうです。この時期のドイツはすでに寒いのでウィンドブレーカーくらいはご用意を。私たちは真夏仕様の服しか持って来てなくてドイツ到着時に揃えました。Wパーカーでもこもこでもまだ寒い。

自分が頼んだビールが空っぽになると、気がついた周りの人が自分のビールを分けてくれます。どんどん注がれます。

ミュンヘンオクトーバーフェスト3

↓ お隣りに座ったエクアドル人は途中でダウン。

ミュンヘンオクトーバーフェスト4

1リットルジョッキを8つくらい運ぶウェイター。軽々持つなぁ。

ミュンヘンオクトーバーフェスト5

ミュンヘンオクトーバーフェスト6

ミュンヘンオクトーバーフェスト7

夫、4リットル以上、私は2リットル。もうお腹タプタプでトイレ限界。

トイレは、会場内にいくつもありますが、長蛇の列です。ほんとに長蛇・・・。男女別々ですが、どちらも激混みです。男性用のほうが混んでる感じがしました。

最後尾あたりの人の表情にはまだ余裕がありますが、中腹くらいから全員切羽詰まった顔に変貌。あと2人~ってところで我慢できずに前の人に譲ってもらう人も結構います。こんなにトイレを我慢したのはかつてない経験。トイレだけで30分くらい費やしました。

ミュンヘンオクトーバーフェスト9

ミュンヘンオクトーバーフェスト10

この日は9月22日でiPhone5発売の翌日。ドイツも発売第一次国で、買いたての人がお隣に。

iPhone5

↓ ミュンヘン中央駅のロッカー。初日もすごい人だったけどちらほら空きがありました。写真だとロッカー少なそうに見えると思いますが、大量にあります。奥行きがあるので100リットルのスーツケースと機内持ち込みサイズぎりぎりのパソコン用スーツケース、小さなリュック等、全部ひとつのロッカーに入ります。ザルツブルクからの帰り、フランクフルトへ移動する途中にもミュンヘンに立ち寄り、その時利用しました。有人の荷物預かり所もあるので荷物の心配はしなくて大丈夫。

ミュンヘン中央駅ロッカー

オクトーバーフェスト開催時期のホテルについて。

ちらほら空きはありますが、ネットに出ているホテルは2ツ星以下なのに1泊6万円以上のものでした。時間をかけて、上手に探せばもう少し選択肢も出てくるとは思いますが、いつもよりホテル代が高いのは仕方のない事ですね。

私たちは今回、ミュンヘンには滞在せず、ニュルンベルクに5泊して、その間に日帰りでミュンヘン往復。ドイツの移動用にユーレイルパス3回分を確保していたので、有意義に活用できたと思います。

移動ルートは、イタリアのカターニアから飛行機でニュルンベルクへ。ニュルンベルク→ザルツブルク→フランクフルト、途中ミュンヘン2回。このルートで3回使いきり。新しい街をひとつ入れたかったけど、(候補はレーゲンスブルク)過密スケジュールになりそうだったので省略・・。

本当は逆バージョンで、ミュンヘンを拠点にニュルンベルクって考えて、ホテル探しをしてたんですが、ミュンヘンのホテル代が異常に高く、ちょうどオクトーバーフェストと時期が重なっているんだってこの時知りました。なので、嬉しいハプニングでもあったんです。いつかは行ってみたいお祭りだったし。

ニュルンベルクもちょうど、19日からニュルンベルク祭というのをやっていて、小ぢんまりしたお祭りですが、一足早いクリスマスマーケットみたいでラッキーでした。ニュルンベルクについては次回書きたいと思います。

↓ ミュンヘンのダルマイヤー。ビール飲む前とザルツブルクからの帰りと2回行って来ました。

ミュンヘン ダルマイヤー

ミュンヘン ダルマイヤー2

ミュンヘン ダルマイヤー3

で、これ、このコーヒーが美味しかったです。フレンチプレスで淹れるコーヒーが気に入ったので一式購入。最近おうちカフェにこだわっているのでカップ類もコーヒー豆も大量購入。

ミュンヘン ダルマイヤー4

ネスレのグストはお払い箱になったのですが、ダルマイヤーとコラボした商品を発見。せっかくなので購入。帰国後、グストを引っ張りだして飲んでみたけど美味しいです。ちょっとかさ張るけど、グストを持ってる人へのお土産にオススメ。単品の豆は高島屋で買えるけどコレはなかなか日本では買えないから。

ミュンヘン ダルマイヤー コーヒーグッズ

夫と2人で来るミュンヘンはこれで4度目くらいですが、その中で最も為替レートが安かった。(1ユーロ98円くらい) 今日(2013年1月30日)は1ユーロ123円なので2割以上の違い!

↓ 本店でしか買えないバラ売りチョコレート。ミルク系チョコが美味しい。シャンパントリュフもオススメ。キャラメル系のチョコは日本との違いが一番よく分かるものかも。私はドイツのキャラメルチョコ大好きです。

ミュンヘン ダルマイヤー チョコレート

 

コメントを残す