インドのプリペイドSIMカード

デリーの空港にはairtelとRelianceのカウンターがあり、Relianceは店員がいなかったのでairtelでプリペイドSIMカードを購入。容量の選択肢が少なくて4GB分購入。SIMカード代込みで1,750INR。

パスポートとインドビザのコピーを取られ、その場でデジカメで顔写真を撮られて必要事項の記入をしたら手続き終了。APNの設定、アクティベイト等はやってくれます。

カウンターでハイスピードインターネットと確認したのですが、回線速度は2G!(平均速度250Mbits前後!)4GBも買ったのに・・・。これはちょっとイタイので、翌日もう一度空港へ。

・・・・インドの空港は基本的に航空券がないと入れません。そのことをすっかり忘れてホイホイ空港へ入ろうとしたのだけど、やっぱり入り口で門前払い。結構粘って入れてもらいえるように交渉したのですがやっぱりダメ。空港内に入れないからお茶すらもできず、ただ往復しただけ。

翌日気分を変えてニューデリー駅の近くのRelianceのカウンターへ行ってみた。が、ここでは今日は買えないらしく、他のRelianceの店舗へ案内された。PATEL NAGAR駅のすぐ近くにある店舗で、ここまでたどり着くのも一苦労。。更にやっとたどり着いたのに、「外国人にはSIMは売れない。」と一喝されてしまいました。

PATEL NAGAR駅の近くにNOKIAの看板を掲げていた携帯ショップがあったので、ここでvodafoneのSIMを購入。SIMカード代込みで915INR、3GB分。ただ買ったお店がとっても怪しい。(盗品と思われる商品があったりして。)ちゃんと稼動するSIMを売ってもらえたのかどうか・・・。カウンターの人は、SIMを入れたら数時間後にvodafoneからメッセージが届くからその後から使えるから!ノープロブレム!の一点張り。でも数時間経ってもそんなメールは届かない。

翌日の午前中まで待ってたけどやっぱり届かない。やっぱり直営店じゃないとダメなのかな?ってことで昨日買ったSIMを持ってコンノートプレイスにあるvodafone直営店へ泣きついた。かなり時間がかかったけど何とかアクティベイトできました。

デリー到着日はaitelでミス買い、2日目は空港往復空振り、3日目はRelianceの店員に振り回され、説明不足のvodafone SIMに奮闘、4日目の午後にやっと正常稼動。

vodafoneのSIMは3GB分インターネット専用で、airtelの4GB分は通話専用に使用。(19日間の滞在で何とか使い切った感じです。)

インドでは、デリー、ウダイプル、ジャイプール、アーグラ、バラナシに滞在しましたが、どこもMAX1,300Mbitsくらいの速度は確保していました。ホテルのWiFiより速かったです。

SIMカードに使った金額は総額4,500円ほどなので、1日あたり230円くらい。

インドでプリペイドSIMを買うならvodafoneがオススメです。現地の人のオススメ度もvodafoneが多かったです。TATA docomoとideaも評判はよかったですが、電波の普及状態がイマイチ。現地の人が多く使っているキャリアはデータ上だとRelianceのようです。

最後に・・・

買い方のコツは、

・直営店で買うこと!
・できるだけその場でアクティベイトまでしてもらうこと!(徹底的にわからないオーラを出す。)
・残高の確認方法も合わせて聞いておく。
・最初の購入時にもらう書類(SIMカードの番号が書いてあるもの)は捨てない。

以上です。

どうでもいいけど、vodafoneの店員さんの名前がPrinceだった。

コメントを残す