リヨンの街並み&ブション

【2010年8月19~21日の日記】9ヶ月遅れで更新中

美食の街で知られるリヨンには4日間滞在しました。到着日は夜だったためホテルに荷物をおいて旧市街へ軽くご飯を食べに行きました。

リヨンには”ブション”と呼ばれる地元フレンチを気軽に食べられるお店がたくさんあります。

ブションがずらーっと並ぶ通り。

お店の雰囲気

オニオングラタンスープ。あっつあつで大量です。

リヨネーズサラダ。私は滞在中ずっとこのサラダを食べてました。

これは・・・・牛の内臓系の煮込み料理。かなり臭みがあって食べづらかったけど、郷土料理っぽいので食べてみました。

隣にはひとりでワインを美味しそうに飲みながら食事する初老の男性。私たちの帰り際に話しかけられ、短歌と俳句についていろいろ質問されました。英語で俳句を作っていたんだけど、それを日本語に直して五・七・五にしてほしいらしく、夫婦ともども苦戦。ちなみにその英語の内容は、いつかかわいい日本人の女の子と出会いたいって内容でした。私たちがどんな句を作ったのかは内緒です☆

次の日は滞在しているホテル近くのスーパーを覗いてみたり、リヨン市内を観光したり。

で、スーパーのお惣菜コーナーの充実っぷりにびっくり。

見るだけのつもりがいろいろ買ってしまい、ホテルへ一度戻りお腹いっぱい。2日目はこんな感じで終わっていきました(笑)

3日目はリヨン市内をお散歩。

とりあえずランチを食べに行きます。

いつでもどのブションも人でいっぱい。

私たちが入ったお店は『LE Winch』というお店。

↑ 夫がオーダーしたお肉。ユッケのようなものでこれをオーダーしてる人多し!半数くらいの割合で生肉のまま食べてる・・・。店員さんは一生懸命に火加減を聞いてきたんだけど、夫は「いや、生でOK!ニコっ」 そして次の日、移動の電車の中で体調不良に・・・・。

私はやっぱりリヨネーズサラダ。

あとこれ!!クネルというお料理で、川魚のすり身をスフレのようにしたもの。めちゃくちゃ大好き。いろんなお店のクネル食べ比べてみたいー。

席の間近を通り過ぎる車。かなりギリギリです。これがなんとなくリヨンっぽいですね。

食事のあとはお散歩です。

ケーブルカーに乗ってフルヴィエールの丘へ。

市内どこからでも見えるフルヴィエール教会。教会の鐘楼に登れるんだけど、この日は16時までだったらしく、私たちが着いたのは16:02分くらい。今回は入れなかったです。天使と同じ目線で市内を見渡しかった。↑ 写真の左側の鐘楼、一部工事中なのわかりますか?そこに天使がいます。

教会の近くにはこんな素敵な人達が。一般人の方達です。

リヨンは住んでみたい街ですね。ベルリッツもあるので長期滞在もありだなー。

旧市街地からは離れていますが、ヒルトン内にカジノもありました。ちょっとだけ遊んでみたけどお上品すぎる雰囲気でちょっとなんだか・・・。

カジノに行く途中に植物公園を通りました。

次回はポールボキューズのランチについて書きたいと思います♪

4 コメント

  1. はじめまして、こんにちは。

    私達も夫の定年退職を期に5月から世界を見てまわる旅に出るつもりです。

    旅の計画を立てる際に世界一周旅日記をよく参考にしていたものですからブログ再開を夫婦ともども喜んでいます。

    体力のあるうちに夫婦で世界を旅しているあなた方がうらやましいです。私達も負けないくらい素敵な旅にしますね。

    • キミさま

      コメントありがとうございます。
      ご主人の定年退職のお祝いを心より申し上げます。
      5月からはさらに素敵な夫婦生活が待っているのですね。
      素晴らしいですね。きっと今よりももっと仲良しな夫婦になりますね。

      少しでも参考になるようなブログを目指して頑張ります。
      また遊びにいらしてください。

    • natsukiへ

      久しぶりー♪
      サラダはlyonnaise saladaって名前。
      リーフレタスとトマトをメインに、オリーブオイルで炒めたベーコンブロックの細切りとクルトンを入れて、ポーチドエッグを最後にのせる感じ。
      ドレッシングはどのお店もフレンチドレッシングが基本だったよ~。あとマスタードがちょっと入ってることもあったよ。チーズは入ってなかったよ。

コメントを残す