ホルボッシュ島への行き方

今日はホルボッシュ島(Isla Holbox)へ。ホルボッシュ島のジンベイザメのことは、2005年くらいに夫がダイビング友達から仕入れてきた情報で、このころから行きたいねーと話していた。旅先で出会うメキシコ人との会話もいつもコレ。ホルボッシュに行けばジンベイに会えるって本当?って。たいていみんな知っている。

《カンクンからホルボッシュ島への行き方》
カンクンのバスターミナルから、チキラ(chiquila)行きのバスに乗る。Mayab、もしくはOriente という2つのバス会社が運行しています。時間は最終が13時半くらい。私たちはOrienteの12時30分のバスで行きました。バス代は往復でひとり1000円くらいだったはず。チキラまでは3時間くらいかかります。

↑ Mayabの時刻表。チキラ行きは1日1本、7時50分のみみたいです。

↑ Orienteの時刻表。チキラ行きは13時45分。私たちが乗ったのはメリダ行きの12時30分のバス。13時45分に乗り遅れると、バスではチキラに行けないということですね。バスの時間は本当に頻繁に変わるみたいなので、できれば事前に下調べを。

帰りのバスは1日3本。5時30分、7時30分、13時30分。私たちはうっかり往復のバスチケットを買っていて、13時30分のに乗ろうとしたら、バス会社が違うからダメ!って。泣く泣くその場でチケット買いなおしました。13時30分はMayabだったらしい。

チキラに着くと、すぐに船着場があります。ここからホルボッシュへ船で向かいます。乗船時間はだいたい30分弱。船は数種類あって、あきらかに個人の漁船がやってそうなものから、フェリーまでいろいろ。私たちはフェリーで向かいました。

フェリーはバスに比べて頻繁にある感じですね。わんちゃんがカワイイ☆

そして、到着、ホルボッシュ島です~。

ゴルフカートのタクシー。超ラブリー。島内の移動手段はほぼコレです。車も走っていますが、荷物運搬用とか救急車とかのみ。

これもタクシー。スーツケースだけ運んでくれるのかな。

ホルボッシュ島には3泊します。2日目にジンベイザメとシュノーケル。3日目は予備日。物足りなかったり、万が一会えなかった場合に備えて。

ホルボッシュ島唯一の?ATM。この建物の2階にあります。とっても分かりづらい。でもまぁATMはちゃんとあるってことで。

1日の締めくくりはビールで。このビール、とても美味しいです。バスに乗って船に乗っただけの移動だけど、なんか疲れたーーーー。

ジンベイザメの記事は次です。

【後日談・・・・・】

カンクンからチキラまではタクシーをおすすめします。バスは時間を事前に調べることが面倒でない人向けだと思います。

ホルボッシュの後、カンクンからチェチェンイッツァに行ったのですが、このときタクシーを1日チャーターして1800ペソ(12,000円くらい)だったんです。チキラはチェチェンイッツァの手前なので、交渉次第でもう少し安く行けると思います。

コメントを残す