ピエールエルメの芸術

今日は久しぶりにピエールエルメへ。

私がスイーツ巡りをし始めたのは今から8年前。その始めのころに出会ったのがこのミルフィーユ。

Deux mille Feuilles

2000年を記念して作られたミルフィーユなので『ドゥミルフィーユ』 イスパハンが代表作だけど私はこっちが好き。
3段のフィユタージュに挟まれているクリームは、下からヘーゼルナッツプラリネとミルクチョコのペースト、バタークリーム・カスタードクリーム。

ミルフィーユの生地は時間が経つと大抵パサパサになったり湿気たりするものだけど、ココのはいつ買ってもサクサクっ。食べづらいっちゃ食べづらいけど、いつも大満足してしまう一品。

Tarte Sarah

今月のフェティッシュ、タルト・サラ。抹茶とマロンとパッションフルーツ。サクっとしたタルト生地にパッションフルーツを少量のゼラチンで固めた上に抹茶のペースト、その中に軽くシロップ漬けされたマロンが入っている。正直、栗の存在感はゼロだったけど、パッションフルーツと抹茶のフレーバーは絶妙。

Plaisirs Sucles

プレジール・シュクレ。太郎用。ヘーゼルナッツ・アーモンドを混ぜた生地にヘーゼルナッツダックワーズ、ガナッシュが入ったミルクチョコ、そしてシャンティショコラ・・・。7種の食感が楽しめるというのは本当!ナッツが入っているケーキがキライな太郎でもこれはお気に入り。私は今回一口しか貰えず・・・。

Ispahan

イスパハン。イスパハンとはバラの一種で、ブルガリアのダマスクローズに似た、小ぶりなバラ。香りもダマスク系。上に乗っているバラにしずくが。ちょっと見づらいかな。でもイスパハンは本当はこんなに赤いバラじゃなかったような。

バラの香りのするマカロンにバラのクリーム、ライチ、フランボワーズを挟んだもの。こんなに見た目もキレイでいい匂いのするケーキは他にはないような気がする。どんなケーキでも、太る~と思いつついつも食べているけど、これは”キレイになれそう?!”と思わず思ってしまうような一品。

パリのアンジェリーナにも似たようなケーキがあった。2007年に新しく入ったパティシエ、セバスチャン・ボエーさんは、ピエール・エルメで5年間修行したんだとか。見た目は同じなんだけど、フレーバーはスミレ。食べてみたい!

Macarons

マカロンも買ってみた。生地はイタリアンメレンゲタイプ。私はフレンチメレンゲよりこっちのほうが微妙にやわらかくて好き。

ケーキも大きいけどマカロンも大きい。エルメのマカロンは名店ラデュレ仕込み。日本にも銀座三越にラデュレがオープン!!売り方が気に入らないけど、すごく嬉しかったりする。

ローズ・ピスタチオ・キャラメル・バニラ・ショコラ・レモンが2個ずつ。どれも美味しい。素材の味を生かすとよく聞くけど、ここほどそれを実現しているお店も少ないように思う。

天才と言われるピエール・エルメ。フランスMOFを取得した彼が世界第一号店を出した場所は東京・ホテルニューオータニ。今ではパリにもあるけど。

12月にフランスに行く予定。最近のユーロ大暴落・・・・。今行くべき?

今日のケーキは、ダルマイヤーのダージリン・ファーストフラッシュと一緒に頂きました。マカロンはザッハーのオリジナルブレンドティーと。

いつも色々なお茶を美味しく淹れてから、ケーキを食べます。これが私の至福の時間。でも今回はどのケーキも、ねずみがかじったようなアトが・・・。太郎が一口ずつつまみ食い。これカワイイ~と思うこともあるけど、5回に1回はブチキレてしまう私です。

2 コメント

  1. ブログ村からきました。
    パリにオープンしたラデュレ・バーへ訪れてみたのでブログ「エッフェル亭」にアップしましたので、遊びにいらしてください。
    (エルメもスィーツ図鑑に記載してあります)
    12月の渡仏のときにでも・・・
    まだ、始めたばかりのブログですが食を中心としたパリの暮らしを綴っていこう~と思っています。

  2. katherine15eさんへ。
    コメントありがとうございます。
    早速ブログに遊びに行かせて頂きました。
    ラデュレのバー、雑誌に掲載されていて
    とても行きたいな~と思っています。
    グラスデザートのモンブラン、食べてみたい!
    先日、銀座のラデュレに行ってきましたが、私はやっぱり
    パリで味わいたいです。朝イチだったのに40分待ちですよー・・・。
    お料理もお好きなんですね。手作りスイーツの美しさに
    見とれてしまいました。特に「宝石箱」には憧れちゃう。
    これからも遊びに行かせて頂きますね♪

コメントを残す