恐怖のカイロ動物園!!

アンマンからカイロへ。今回の旅行ではこれが最後の都市。そして私はやっとここで7大陸制覇!

カイロには7日間滞在予定。本当は後半、ルクソールに行く予定で時間的には可能だったんだけど、アフリカにはまた行くので、そんなに忙しくすることもないかと、却下。

観光1日目は考古学博物館。

エジプト考古学博物館

チケット売り場の隣でカメラを預けないとダメなので、写真は一切ナシ。ケータイで撮ってる人はいたけど。因みに昔、夫が行った時は写真OKだったみたい。いーなー。

中は見たことあるものでいっぱい。ミイラ室はまた別料金で、2室あった。本物のミイラって初めて見た・・・。博物館の中は冷房ナシなんだけど、ミイラ室は、ミイラの為にすっごく涼しい。ミイラ1体に対して、ひとつの温度・湿度計が設置されていた。温度は23度、湿度は40度くらいだった。

この博物館に展示されているものは、ひとつを除き、すべて本物。唯一ニセモノなのが、ロゼッタ・ストーン。これはロンドンの大英博物館に展示されていた。

ロゼッタストーン

これがそう。1799年、ナポレオンがエジプト遠征をした際、エジプトのロゼッタで発見された石。3種類の文字が刻まれていて、ここから「ファラオ」などの固有名詞が発見されたとか。これがキッカケとなって、他の文書の解読が進んだそう。

次はツタンカーメンの秘宝を見た。ゴールドバーがすっごく沢山ついたフラフープみたいなものがあった。単純に、歴史的価値ってものを考えないと、このゴールドが博物館の中で1番高そう。

見終わったのは14時ごろ。この後どうしようってガイドブックをパラパラ見てると、カイロ動物園が面白そう!ってことで移動。

ここの動物園は、動物を見るのも楽しいけど、地元の人が面白い。そこら中、ピクニック家族だらけだし、係員にチップを渡して動物にエサを与えてたり、サル山にりんごバシバシ投げてたり。日本じゃ考えられない光景。

私達も動物に触れたくてここに来た。まずは象。

カイロ動物園

1ポンド払って、サツマイモをあげる。初めて象に触ったけど、なんか針金みたいな毛が生えててチクチクする。象の背中に産毛みたいなのがあるなーとは思ってたけど、座布団なしで象の背中に座ると多分痛い・・・。乗ったことのある夫も直に座るとイタイって言ってた。

次はクマ。

カイロ博物館のくま

エサをあげるだけだと思ってたんだけど、触れるとは・・・。クマも犬と同じで耳マッサージは気持ちいいらしい。それにしても・・・巨大な頭。なのにデザートスプーンで離乳食みたいなご飯・・・。もっと奔放に食べたいだろに。

平和なひととき。ペリカンって羽を広げると3m以上あるんです。

カイロ動物園ペリカン

この動物園に来た目的はライオン。ライオンに触れるって。クマも檻越しに触ったし、ライオンもこんな感じだろうーって思ってたんだけど違った!

さすがアフリカ。ライオンの檻が7つくらい並んでる。普通ひとつだよね。どのライオンもなんかイライラしてる。どうもここのライオンは触れないらしい。ここでボーっと観察してると、係員が、「赤ちゃんライオン、抱っこさせてあげる」と言ってきた。あ、赤ちゃんなら・・・、とついて行く。

案内されたのは、飼育小屋みたいなところ。檻が5つくらいあって食事中のタテガミばっちりの大人ライオンもいる。

カイロ動物園ライオン

・・・・赤ちゃんはどこに?富士サファリパークにいそうな赤ちゃんはどこにもいないよ?聞いてみると、1歳のライオンを赤ちゃんって言ってる。犬だって1年経てば成犬だよ・・・。

動揺してる間に、ライオンを檻から出す係員。押さえつけちゃってるけど・・・。

これ、かなり係員が力強く押さえてる。ライオンのイライラが伝わってくるもん。係員はチップ稼ぎに夢中で、いつもライオンにこんなことを強要してるらしく、ライオンは係員が嫌いでしょうがないって感じ。普通、ご飯くれる人だから、何かしら好反応を示すものなんだけど。

カイロ動物園イライラライオン

あーあ。怒っちゃった。ごめんね。もうしないから、檻に戻って・・・。戻る場所が檻ってのもねー・・・。色々考えちゃう。

もうすっごく満足・・・というか何とも言えない気分になったので、チップを払って帰ろうとしたら、もうちょっと遊んで行けって、隣の折からライオンを引きずり出そうとしてきた!!そのライオン、さっきまでのライオンより怒ってるよ!!もうやめて~って言ってみたけど、全然聞いてない!

ライオンも必死に抵抗。その暴れっぷりに驚いた私は、なるべく離れてよーと隅っこに移動。移動しそびれる夫。ライオンの猛抵抗に係員が思わず手を離した隙に、ライオンが夫に飛びかかった!!!

夫硬直。私絶叫。係員呆然。ライオンもあれー?って顔してる。ライオンが2本足で立つと夫よりデカイのね・・・。ライオンと抱き合っちゃってるけど・・・?決定的瞬間映像撮り逃した。気を取り直した係員がライオンを引っぺがしてくれて、一安心。夫も隅っこへ移動。係員もライオンを檻に押し込める。

ここでまた係員がうっかり手を滑らせ、ライオンがこっちに走って来た!!もうダメ・・・って半ば腕の1本は諦めたけど、間一髪のところで係員がライオンの尻尾をキャッチ。助かったー。

ライオンの爪あと。軽い引っ掻き傷で済んだことが奇跡。

ライオンに引っ掻かれた傷

ライオンが突進してくるとき、ちょうど私を庇うような体勢で夫が立っていて、私はずっ夫のTシャツをがっちり掴んで背中に隠れてたんだよね・・・。本性見たりって呆れられた。それについては言葉もありません。。。

無事だったから言えることだけど、最大のシャッターチャンスを逃してしまった。夫を盾にしといて言うセリフじゃないけど、私もライオンに抱きつかれたかったなぁ。

因みに、このチップは1人20ポンドの約束。まぁ約束なんてないのと同じだから、いざ払うときは全然ケタの違う数字を提示してくる。またライオンを檻から出されてもイヤなので、プラス10ポンド払って終了。いつもなら約束した額以上絶対払わないんだけど・・・。(夫は、「オレがチップ欲しいくらいなのに・・・」とポツリ。)

ここでチップを多めに払ったせいか、更にタテガミが超~立派なライオンの部屋へ連れて行かれた。これはさすがに檻越しだったけど、もう十分恐怖は味わったので、これは触らず退散。

多分、今回の旅行で一番怖かったのが今日。でも、やっぱりライオン可愛かったー。猛獣であんな牙むいててイライラしてても可愛いし大好き。友達になりたい。夫はあれ以来猫科はなるべく避けるようになりました。

2 コメント

  1. 確かにライオン超不機嫌そう(笑)
    でも二人とも無事でよかったね~。ほんと。
    ところで、もう日本に帰国してるのかな?
    さちこは、お盆は実家に帰るのかな?会えたら会いたいなぁ♪
    また帰国したら教えてね☆ではでは☆

  2. 突然のご連絡で失礼します。
    私、フジテレビにて「めざましどようびメガ」という
    番組を担当しております鈴木と申します。お世話になっております。
    現在、私どもの番組で「NIPPONナンダーワンダー」というコーナーをしていまして、海外から見た日本、または海外のこんなトコロがすごい、日本と違うといったようなテーマで番組を行っております。

    今回、世界の動物園という内容での企画を考えておりまして、こちらのホームページでエジプトの動物園での動物にエサをあげている様子に驚きまして、このお写真を番組内でご紹介させていただけないかと思い、掲示板にご連絡させて頂きました。突然のお願いではございますが、
    よろしくお願い致します。

コメントを残す