ベルギー チョコレートレポート

ヨーロッパで最も楽しみにしていたところ、ベルギー!チョコレートの国!!そしてフランスに負けない美食の国!ここはダイエットや美肌のことは忘れて思う存分食べることにする。

夫は今日から5日間ほどお仕事のスケジュールがびっしりなので、私一人でブリュッセル観光。といきたいけど、観光はやっぱり一緒がいいので、私の生きがい、チョコレートのお店めぐりをすることにした。

☆1店舗目

店名GODIVA(ゴディバ) 本店
住所Gand Place 22
買ったもの袋詰めバラ売り(10個くらい) 13,24EUR
感想一番上の棚にあったチョコはゴディバ独特のゴツっとした口当たりではなく、ふわっとしてて美味しかった。鮮度の大切さを感じてしまった。
あとはやっぱりあの香料とリキュールをふんだんに使ったいかにも”高級”ってお味でした。
あの世界各国にあるゴディバとは思えないほどの小さい店舗に驚いた。場所は一等地だけどね。

グランプラス・ゴディバ本店

グランプラス・ゴディバ本店トリュフ

☆2店舗目

店名Mary
住所Rue Royale, n°73
買ったもの箱詰めバラ売り(15個くらい) 17EUR
感想本に沢山あるMary’s chocolateとは全く関係のないお店。
チョコレートの種類がとても多く、迷っていたらとても丁寧に説明してくれた。ここは大半のお店と違い、”素材の冒険”のような商品はなく、ミルク系が多く食べやすくやさしい味のものが多かった。ベルギーチョコレートのなかで夫の一番はこのお店。ブリュッセルを去るとき、もう一度食べたいと、重い荷物を持ってわざわざ買いに行った。

Mary本店

ブリュッセルマリーの内装

マリー

☆3店舗目

店名PIERRE MARCOLINI
住所Pl. du Grand Sablon39
買ったもの32個入り 17,5EUR  ケーキ4個 18EUR   合計35,5EUR
感想日本で34個入りを買うと確か1万円くらい。この安さに心の底から感動した!銀座に出来たときはせっせと通い、10個入りを時々購入。
味はどれも凝っていて、素晴らしかった。ベルギーのチョコレート屋さんでは珍しく、バラ売りをしていないのでノーマルなチョコのみを食べたい人にはちょっとキツそう。
*ケーキの感想*
価格はどれも5EUR以下。ケーキの種類は6種類ほどと少な目。クレームブリュレ以外は全部チョコレート系。私は4つ購入したけど、その手の込みようにため息が出るほど。日本ではチョコレートケーキは買えるけど、クレームブリュレやフランボワーズなどのケーキは売っていない。日本でも食べたいな。

ピエールマルコリーニ本店

ピエールマルコリーニ本店のケーキ

ピエールマルコリーニ本店のケーキ

ピエールマルコリーニ本店のケーキ

☆4店舗目

店名JEAN PHILIPPE DARCIS
住所Petite du Lombard 24
買ったもの箱詰めバラ売り(23個) 14EUR
感想今までで食べたことのない味のチョコレートが沢山あった。”すみれ”や”タイム” ”ラベンダー”味のチョコ。
すみれ味を試食してその繊細な味にびっくり。何のクセもなく、でも口の中に花の香りがほんのり残り、舌には確かにチョコレートの風味が広がって。いつもなら夫は変わったチョコを美味しいとは言わないんだけど、これは絶賛!
このお店のチョコはどれも繊細で、ゴディバとは対照的。チョコレートをここまで華奢なものに作り上げる人ってどんな人だろう。
しかも店員さんがチョコレートにとても詳しくて説明も分かりやすく気持ちよく買い物できた。
私のベルギーで一番のヒットはココ!

ジャン・フィリップ・ダルシー

JEAN PHILIPPE DARCIS

☆5店舗目

店名neuhaus
住所STADSFEESTZAAL ANTWERPEN
買ったもの袋詰めバラ売り 100g
値段忘れた
感想これも日本にたくさんあるお店。ブリュッセルでも至る所にある。わざわざ地図を片手に行かなくてもそこらじゅうにある。
右側の細長いチョコレートが新作。これは準チョコレートのような仕上がりで、中のキャラメルとメレンゲが歯にくっつく。とてつもなく甘い。あとのチョコレートはクリーミーで食べやすいものばっかりだった。が、特に何か印象に残るものはなかったかなぁ。

neuhaus

ノイハウス

☆6店舗目

店名DelRey
住所Appelmanstraat 5-7 ANTWERPEN
買ったもの箱詰めバラ売り 250g マロングラッセ3個 合計20,70EUR
感想マロングラッセは大雑把な味で、まとまりがなく、栗の味があんまりしなくて軽くショック。
ミルク系・ジャンドゥーヤ系のチョコを適当に選んでもらった。手袋なしで直接手掴みには驚いた。手袋でも手の熱がチョコに悪そうだからイヤなのに。
肝心のチョコの味はイマイチ。油っぽい味のものが多く、重い感じ。ただデザインがとても凝っているものがあったり、見た目は楽しめる。

delrey

デルレイ

このほかベルギーチョコで有名なのは、レオニダス・ガレー・ヴィタメール・コルネなどなど。全部行きたかったんだけど、最後のデル・レイの油っぽさに負けてダウン。大好物のクッキーも食べられなくなってしまった。くやしい~!

ベルギーの次はパリの予定。パリといえばやっぱり”ジャン=ポール・エヴァン”!!楽しみ!

2 コメント

  1. Natsukiへ
    そうでしょう??(笑)
    もっともっと食べたかったよー!
    でもさすがに胃もたれしちゃうね。

コメントを残す