ナイアガラの滝

ニューヨークからバッファローまではアムトラックで移動。前回マイアミからオーランドまで利用した時は、荷物の重量制限があったのに今回はなし。飛行機と同じように荷物を預けたんだけど、今日はそれもなし。自席で管理。乗る駅によってやり方が違うのかな。

夜11時、バッファロー到着。想像通りものすごく寒い。今回は事前に宿を予約しておいたので、早速タクシーで向かう。

フロントは10時で閉まるんだけど、予約してれば24時間チェックイン可能という予約確認メールを宿からもらっていたので安心して行った。けど、玄関に入るのにコードが必要。そのコードが分からない。

タクシーの運転手さんが、入れないならバスの待合所か空港まで無料で連れて行ってあげるよ。ここで夜中ホテルの人を待つのはダメだよ、凍死しちゃうよ、と必死に言ってくれているうちに、偶然ホテルの人が帰って来た。よかったー。

よくよくメールを確認してみると、ちゃんとコードが書いてあった・・・。見落としたのは私。ごめんなさい。

翌日バスでナイアガラへ。がっかりスポットらしいけど、どんなものなのかなー。

America side

アメリカ側のナイアガラ。これを見た時、すぐ近くにいた地元っぽいカップルに、これがナイアガラですか?本当に?と聞いてしまった。

何だか小さいような・・・。写真で見たのはもっとこうUの字型だったような・・・。あ、カナダ側のナイアガラだったのかな、と思いカナダ側へ。

カナダへは橋で渡る。渡ったところに入国カウンターがあって、パスポートがあれば簡単に入れる。

Canada side

Canada side

カナダ側。これこれ!見たかった滝だー。全然がっかりスポットじゃないじゃんっ。すごい迫力。寒いうえの水しぶきはちょっと過酷だけど、はじめて見るこんな大きな滝に寒さを忘れた。でもカメラは半分壊れかけ・・・。凍っちゃったみたい。

ナイアガラの滝ってビョーク主演のダンサー・イン・ザ・ダークの中の歌詞に出てくることをふと思い出した。

晴れてればあちこちに虹が出るらしいんだけど、あいにく曇り。残念っ。

River

滝つぼも川も凍ってる。この下に住む魚は冬の間太陽の光があんまり届かなくて目が悪くなっちゃうんじゃ・・・と橋を渡りながら思った。

バッファローまでまたバスで戻り、夜ごはん。バッファローは意外と大きなビルとかがあり、街もかわいらしい飾りつけが施されているんだけど、人が少なく、お店が開いていない。お昼もレストランを探すのにすごく苦労した。

たぶんナイアガラは夏に来るべきなんだと悟った。

1コメント

  1. さすがに滝の裏側には行けなかったのね…
    確か…あたしの記憶が間違ってなければ
    中学のときの英語の教科書にそんなエピソードがあったはず
    カメラも凍っちゃうような寒さ…
    南極とどっちが寒かったん?

コメントを残す