野生のゾウガメ

ガラパゴスで遊べるのは、今日で最後。そういえば、野生のゾウガメを見ていないので、今日はゾウガメに会いに行く。

車で30分ほど走ると、ぽつんぽつん、道路の脇に野生のゾウガメがいる。轢かれちゃうんじゃないかな・・・とちょっと心配したけど、そんなことはなさそう。

ゾウガメ

じーっとこっちを見る目がなんだか物言いたげ。「ここは自分達の世界だよ?」とかかな。

つり目

コワイ。カメの声を初めて聞いた。声と言うか、しゅぉーっていう空気音みたいな感じ。近づいたりするとそんな声を出す。

途中、雨が降り出し、一緒に行ったアルゼンチンのカップルが、次のカメポイント行きたい?と聞いてきたんだけど、私達と一緒で町に帰りたいってことだったので、ガイドに伝え帰ることにした。

ガイドが、あまりに早い戻りだと今後の仕事に差し支えるってことで、帰り道にある、火山活動でできた洞窟に連れて行ってくれた。

入り口から出口までちゃんとルートがあるんだけど、途中、腹ばいにならないと通れないところとかあって、冒険しているみたいな気分になれる場所だった。

ここでアルゼンチンカップルの男の人のほうが、「じゃ、まず自分がいってどんなもんか調べるから」と率先してくれる。ちなみにガイドは車を移動させるため、ここにはいない。

出口に着いた時も、車が着いているか調べてくる、とみんなを雨に濡れないところで待たせて、自分は雨の中車を探してくれた。なんていい人なんだろう。紳士だっ!「女の子に、あなたは幸せね」と言ったら、本当に幸せそうに微笑んだ。

ガラパゴスは想像以上に楽しい場所だった。すぐにでもまた来たいと思う。ウミイグアナに会うのが1番楽しみだったんだけど、実際にいろんな動物に会ってみて、印象深かったのが、青い足のブービー。めちゃくちゃかわいかった。なので、二人してブービーの絵柄が入ったTシャツとかばんを購入。お気に入りのものが増えた。

翌日ガラパゴスを後にして、グアヤキルへ。そしてこの日は、太郎の26歳の誕生日!移動移動でちょっと質素な誕生日になってしまった。アメリカに着いたらちゃんとお祝いしなきゃ。

本当はグアヤキルに途中降機しなくてもキトまで飛べたんだけど、グアヤキルにセミナリオ公園ってのがあって、そこに行きたくて1泊することにした。

Iguana

セミナリオ公園内に放し飼いにされているイグアナ。これが見たかった。この公園はイグアナだらけなので、通称イグアナ公園と呼ばれている。でも見たところ2匹くらいしかいないけど・・・。と探していて、ふと上を見上げるといたっ!

何匹いる?

たぶん写真に写っているのは6匹か7匹。きらいな人がこの公園にうっかり入ると絶叫すると思う。あちこちにいるから。

係りの人がエサを持ってくると、一斉に木から下りてくるらしい。時間が合わず見れなかったんだけど、ところどころエサらしき葉っぱが落ちていて、それをイグアナに近づけると、「え?食べていいの?食べるよ?」って感じで首をかしげる。で、近くに置いてあげると、恐ろしくスローペースでエサを口に運ぶ・・・。なんて穏やかな性格なのかしら。

グアヤキルは首都キトより都会。低地にあるからかな。何故かJAPONって名前の電化製品の店だらけだった。

明日はキトに戻って1泊。そのあと、マイアミへ。

コメントを残す