ガラパゴスでダイビング(夫婦編)

ダイビング、私の番。思えば、出発前、ここでダイビングをするために買った5mmのウェットスーツ。サイズがぶかぶかだと寒い思いをするから、と太郎に強く強く促され買ったっけ。

でもそんな心配を超え、ここでは7mmのウェットスーツ着用だった。7mmなんてあるんだ。知らなかった。

今日のメンバーは8人。私が1番スキルないんだろうなーと思っていたら、昨日オープンウォーターの講習を終えたばかりの女の子がいた。あとは全員経験豊富な人。

まずはチェックダイブ。レギュレーターをくわえ直すのと、マスククリア。はぁぁぁぁ・・・あるのね、マスククリア。これ、大キライ。

何とか出来た。(私が完璧に出来るまで、全員水中待機・・・) チェックダイブの結果、2グループに分かれた。太郎と私、講習終わったばかりの子とその友達のグループと経験豊富グループ。

潜ると魚の大群。スノーケルで見たよりももっとすごい。何万匹って数の魚が目の前を通る。私達を囲む。

a school of fish

I'm crying

真ん中に私がいる。後ろにも大群。私からは太郎やガイドが見えない。私、泣いてます。そんな妻を上から写真撮る夫。(注:私は水中で上を向けない)

cleaning station

海のクリーニングステーション。海にはこういう場所があって、カメやマンタなどがキレイにしてもらいに来る。生まれて初めて見た。なんかおもしろい。甲羅、掃除しないと気持ち悪いのかな。

40分ほどで、私のエアが切れそうになったので先に浮上。でもこの後が楽しかったんだって。

golden ray

金色のエイ。太郎も初めて見たらしい。 尾ひれ、何かにかじられちゃってる。

whitechip shark

ホワイトチップシャーク。背びれに白い模様があるからそんな名前みたい。

Barracuda

バラクーダ。焼いたら美味しそう・・・。

2本目の前、寒さとあちこちの痛み、更にランチのあまりのマズさで、2本目はしない、と太郎に伝えた瞬間、太郎の顔がものすごく不機嫌ヅラになったので、ここは頑張ろうと。

2本目は私にとって真新しい出会いはなかったんだけど、これで10本目のダイビング達成!やっと二桁だー!

ガラパゴスでのダイビングは私にとってとても過酷だった。本当は、ダイビングで有名なダーウィン・ウルフのポイントへ行くクルーズにしようと思っていたんだけど、7泊8日の日程で1日4本のダイビング。さすがの太郎もこれは死ねると思ったらしく、今回は見送った。
でもいつか行きたいって言い出すと思うな。

コメントを残す