死海の極上エステ

今日はエステの日。ここのホテルのエステメニューはすごく充実している。15分からの部分エステから1週間のプログラムまである。私達は2人とも4時間コースにしてみた。料金は1人160JD(約24,300円)。

コース内容は、
・死海の塩を使ったフルボディマッサージ
・死海の泥を使ったフルボディマッサージ
・アロマオイルを使ったフルボディマッサージ
・死海の泥を使ったフェイシャルマッサージ

フェイシャルは時間を空けて、午後6時半から。太陽が出てる間はしないほうがいいとのこと。

バリやタヒチは、2人同じ部屋で施術された記憶だけど、ここは別々の部屋。1人1部屋、1エステティシャン。(エステティシャンは女性を希望、希望を言わないと男性のこともアリ。)

エステは午後3時からスタート。それまでは専用スパで遊ぶ。夫は3時までロビーで仕事をしないとダメらしく、1人でスパへ。

スパのプール

スパのプール2

スパはこんな感じ。私は専ら屋内のプールで遊んでいた。

死海と同じ濃度のプール。

スパの屋内プール

エステの内容は、こんな感じでした。(文字ばかりですが・・・。)

・紙パンツに履き替えて、スチームサウナへ5分ほど入る。その後全身に塩をつける。この塩は45度くらいの温度で、若干熱い。塩だらけのカラダをタオルで包み、そのまま放置。10分後くらいに、再びスチームサウナへ。その後、一旦シャワー。

・部屋を移動。泥製品がずらっと並んだ部屋へ。泥も45度くらいの熱めの肌触りで、アロマオイルを混ぜてあった。これまた全身に塗りたくり、余った泥を手に握らされて、ラップで全身ぐるぐる巻き。その上からタオルをかぶせられ、全く身動きできない状況に。その間、顔と頭のマッサージ。それが終わると、部屋に1人残され、ウトウト。多分20分くらいの放置時間だったと思う。泥+ラップ効果でかなり汗だくになった。そしてまたシャワー。
もうこの時点でお肌はさらさら、しっとり。ここまでだとしても大満足かも。

・次は、アロマオイルを使ったマッサージ。足を痛めていたのでちょっと痛かったけど、その他はパーフェクト。ちょっと力のなさそうな女の人で大丈夫かな?とか思ってたけど、心配無用でした。因みに、このマッサージでは紙パンツも脱ぐので、全裸でした。
このオイルは洗い流さない。次のフェイシャルまで、ラウンジでお茶。

ラウンジ

フェイシャルの施術部屋。

フェイシャル施術部屋

・フェイシャルだけでも約1時間。泥を塗って落として、を8回くらい繰り返し、最後にまた塗って、15分ほど放置した後、ふき取ってアロマオイルでマッサージをして終了。普段お肌を絶対こすらないので、ちょっとビクビクしてしまったけど、仕上がりに大満足。ずっとザラついていた、ほっぺの辺りがさらさらに。クマも取れたし、何だか美白効果もあったかも?

エステが終わったのは、午後7時半。2人とも超つるつる&しっとりお肌。かさかさだった夫の足もキレイに。ちゃんと効果を実感できる内容で大満足。

スパに併設されているショップ。死海の塩を使った美容用品がズラリ。

死海美容用品

いっぱい買った。

Mud Pack

海外で美白製品は滅多に見かけないんだけど、ここにはあった!もちろん購入。ますます夫のスーツケースは重くなる。荷造りをするのは私なので、そこらへんは計算済み。最近、夫のスーツケースの車輪は、あまりの重さに耐え切れず、変な音を立てるように・・・。それでも色々買ってくれる夫は激甘だと思う。まぁ呆れてるのは呆れてるけど。

夫にとって、今回のエステは、部屋が別々だったこともあり、ちょっと居心地悪かったみたい。確かに男の人が泥パックだのアロママッサージだのってこっ恥ずかしいものがあるかもね。紙パンツ履かなきゃだし。

死海、思ってよりすっごくいいところだった!こんなリゾート地だったとは・・・。ヨルダンの中ではズバ抜けて物価が高い場所だけど、1泊して良かった。あさってイスラエルに行く予定がなければ、もう1泊したと思う。

コメントを残す