シャチと遭遇、南極で誕生日(ポートロックロイ)

南極は白夜。本当に日が沈まない。でも夜中12時過ぎごろに夕焼けが見れた。

white nights

夜中2時ごろにはまた日が出てくる。時間の感覚がもうすでになくなっていた。

今日はイギリスの元基地とチリの基地を訪問。イギリスの元基地があるポートロックロイにはポストがあり、ここからハガキを送れるらしい。 お土産も売っている。ポストカードやTシャツ、南極のDVD、書籍など・・・。

私はここでポストカードを買うつもりだった。でもUSドルかポンド、ユーロしか使えない。ウシュアイアの銀行でUSドルを引き出すには、HSBCしかダメらしく、用意できなかった。

でも100ドル以上購入でカードが使えるので、超頑張って色々選ぶ。太郎と初のお揃いTシャツ、南極の地図、ポストカードなどなど。ポストカード無事ゲット!大切な人とお世話になった人にここから送る。

Port Lockroy

使えるカードはビザかマスター。「南極でもっ!ビザが使えます!」 インプリ形式で、一度イギリスを経由するのでポンド建てで計算。一体請求はいつくるのか、ポストカードはいつ届くんだろう・・・。

ここには博物館がある。観測所として使われていた建物がそのまま博物館になっている。でも私はポストカードを書くのに忙しく、見る時間がなかった。

午後はチリの基地へ。正直、基地訪問は1箇所で十分。どちらの基地も、建物の周りにペンギンのルッカリーが沢山あった。これを観察するだけでも十分楽しいんだけど。

Jentoo penguins colony

すごい数のルッカリー(巣) 動物嫌いな人は耐えられないだろうなぁ。実は匂いも結構凄まじかったりする。しばらく観察していると、一生懸命石を探して運ぶペンギンの姿が。

Gentoo penguin
石を探す・・・

busy bee
石を運ぶ

complete the first stage
お仕事完了!

10往復ほど繰り返し、疲れたのか、すぐ隣のルッカリーから石を取ろうとして、怒られる。でも1度きりではあきらめない。スキをねらうこのペンギン。

Quitter

でもダメで、またてくてくお仕事をしに歩き出す。

いろんなペンギンがいる。石を運んでいて、自分の巣を忘れてしまい、その辺に放置するペンギン、一度にたくさん運ぼうと不器用なりに頑張るペンギン・・・。見ていると飽きない。どうしても抱っこしたい衝動が出てくる。

基地周辺は探検できる場所が少ないのが残念だった。周りの景色はキレイなんだけど・・・。ボートで船に戻る途中、氷の上で寝るアザラシに会えた。

Seals

今日は私の27歳の誕生日。南極だと何もプレゼント買ってあげられないと、太郎がポートロックロイでTシャツを買ってくれたんだけど、なんと店に忘れてきた。もう2度と取りにいけない・・・。もらったものを失くした最短記録かも。

夕食の時、船内で知り合ったゆうこさん・よしやさん夫妻と、さとしさん、アブラハムさんが同じ席に座ってくれて、祝ってくれた。ゆうこさん・よしやさん夫妻は、新婚旅行で南極に来ている。新婚旅行のお祝いで船からもらったシャンパンをこの席であけてくれた。

夕食が終わる頃、船からバースデーケーキのサービスが!すごくうれしい!そしてみんなで歌を歌ってくれた。もう2度とない誕生日でした。

Birthday cake

Birthday

I'm happy・・・Thank you!

ケーキをちょうど食べ終わった頃、オルカ!と叫ぶ声がした。シャチがいる!全員一斉に外へ!!こんな時、いち早く行動するのはいつも太郎。

甲板にでてみんな必死に探す。いない・・・。遅かったか・・・。超薄着のまま10分ほど粘る。いたっ!はっきり見えた!白い模様!

イースター島にいるころからずっと見たかったのですごく嬉しい。 イースター島には、タクシーとかダイビングセンターとか、何故かオルカのロゴが至るところにある。でもダイビングセンターの人に確認したところイースター島にはいないらしい。なんでロゴに使うかな。ここで散々オルカマークを見たせいで、もう見たくて見たくて・・・!

Orca

Orca

3匹いた。シャチの周りには大量の海鳥。食い散らかしたものを食べている。船が止まってくれたおかげで1時間ほど観察できた。シャチをこんなに間近で見ることができるなんて思いもしなかった。

ある女の子が、「あなたへの誕生日プレゼントだね!」と笑ってくれた。

もうそろそろ部屋に戻ろうと、太郎を探す。あんなところに・・・ってとこにいた。

Taro

船首にいた。右側の赤い上着が太郎。ここを陣取って、撮った写真は500枚。小さい頃からシャチに会いたかったらしい。

この旅で気づいたこと。太郎は私より動物好き。野うさぎがいたら、「うさぎー!」と叫んで写真撮りまくるし、イースター島の牛を見ても、オーストラリアでワラビーを見てもそう。そんな人でよかったと、心から思う。

コメントを残す