レンタル馬

イースター島の移動方法、レンタカーにレンタバイク・レンタサイクル、そしてレンタル馬。

馬のレンタルなんて聞いたことない。これはぜひチャレンジしてみたい。ガイド付とガイドなしが選べるんだけど、私も太郎も乗馬経験は1回のみ。なのでガイド付にした。そもそもあまり調教されていないらしく、馬の気分で置きざりにされた人がいたりするので、ガイドなしはちょっとない。

Horse riding

馬って結構背が高い。座ると実感する。太郎もちょっと緊張気味みたい。顔が少し引きつってる。ここで馬が急に走り出したりすると面白いかも。

続いて私もセッティング。足掛けに足が届かない・・・。ショックだった。

ガイドがなんと3人も!写真の女の子とその父親、女の子の友達のお兄ちゃん・・・。馬5頭でテレ・バカという山を目指して出発~。
と、早く出発したいのに、馬が動かない。馬も私たちが初心者なことを知っていて、なかなか思うように動いてくれない。思いっきりナメられている・・・。

お父さんが近づいてくると、なんだか怖いらしくチャキチャキ動く。これがまた小走りだから、お尻が痛い。バランスもなかなか上手にとれず、たづなを強く引っ張るので又馬はストップする・・・。動き出したと思ったら道じゃないところをサクサク行こうとする。最初のうちは木に頭や足を何度もぶつけた。(馬は自分さえ通れればそれでOKだと思っているから)

Gentle
たづなを引っ張ってもらう私・・・

今日は人か馬しか通れない道を通って観光。ところどころ、道の両端になぜか有刺鉄線。馬は上手にこれを避けて通るけど、私たちの足の位置まで計算してくれない。ここを無事に通過することで、馬を操るテクニックが磨けた気がする。

Landscape

1時間ほど経って、やっと後ろを振り返る余裕ができた。バイタペの村が見える。タヒチは深い緑色をした島だったけど、イースター島は黄色。ところどころ焼畑の煙が上がっている。大きなビルや大きな木すらない。そしてここは絶海の孤島。山を登っていくほど、強風を体に感じる。

テレ・バカ到着。すごく見晴らしが良い。ほぼ島全体が見渡せる。海もキレイ。

私の乗っていた馬は、気を許すとすぐにご飯にありつこうと、首をふりふり草をたべさせろ!と私を見る。その仕草が可愛くて食べさせようとする度、ガイドにダメっ!と言われるので、ここに着くまでずっとお預け状態。なんて可哀想・・・。自分に置き換えて考えると、空腹の中、ケーキの上を歩いている感じかな・・・。でもやっとこの山頂でお食事タイム!!よかったね。

Lunch・・・?

しばらくここで休憩。ここまで歩いて来ている人もいる。馬を自分で駆ってきてる人もいる。イースター島は結構日本人が多い。主要な観光場所に行くとたいてい会う。でもここにはいなかった。たぶんガイドブックに載っていないから。

帰りは、アフ・アキビに寄る。モアイは殆どが海を背にして建てられている。でもアフ・アキビだけは海を向いている。何故かは解らないけど。

Ahu akivi

もうこの頃はお尻が痛くて痛くて馬を降りて見学する余裕もなく、そそくさとここを去る。このモアイ、海を見てるけど、海はここから割りと遠い。それが意外だった。

乗馬の途中、至る所でノラ馬に出会う。突然お父さんがノラ馬の集団へ突進。そして1匹の馬と何だか会話?している・・・。そしてその馬を連れて帰ってきた!新しい家族らしい。馬にも選択権がきちんとあるようで安心した。

帰り道は特に操らなくても馬が勝手に帰ってくれた。ちゃんと自分の家を知っているみたい。往復5時間の乗馬。これが意味するもの。・・・極度の筋肉痛。太郎のお尻、後で確認したところ真っ赤っ!そのうち青アザになりそう。私の手にはマメが沢山できた。それにしても馬、超かわいかったぁぁぁ。温かいし、毛並みもサラサラ。動物の体温って安心する。

乗馬は結構ハードなスポーツだ。次チャレンジするのはたぶんモンゴルだ!

イースター島、すごく楽しかった。唯一心配だったインターネットもワイヤレスでちゃんと自分のPC使えたし、人は優しいし、島全体が大らかだし、物価も安い!すごく素敵な場所でした!

南米行きの飛行機を待っている間に、同じワンワールドで旅をしている人と情報交換。南米について色々教えてもらった。あと、私たちと同じ時期に中田英寿がイースター島に来ていたこと!私たちは全然知らなかった。

その話がでた途端に、私の横をヒデが通過!あの人だよ!!と言われ見てみると、確かにヒデだったっ!

帽子にサングラスでもはや日本人かも分からないスタイルだったけど、偶然、帽子をとってくれたので本人確認ができた。テレビで見ていたのより、ずっと穏やかな雰囲気の人だった。

イースター島からサンチアゴ行き、私たちのミスでビジネスクラスに乗り損ねた!もしちゃんとビジネスが確保出来ていたら、もしかしたら隣の席だったかもしれないのにぃぃ。ラン航空のビジネスはもともと10席程度しかないし。ざんね~ん。

次はいよいよ南極!ラン航空は強風などの影響で、しょっちゅうフライト変更があるらしく、超余裕を持って南極出発地、ウシュアイアに向かう。世界最南端の町、ウシュアイアは自分のPCでネットできるかな?

2 コメント

  1. おしかったねぇ…(^_^;)
    ヒデの隣り(笑)
    モアイって海の中にもいるんだぁ…知らなかった
    モアイってたしか動かしちゃダメなんじゃなかったけ?
    モアイを動かしたら、よくないことがおきて結局
    元の場所に戻されたって聞いたコトがあるような気が…
    イースター島って思ってたよりフツーの食事ができるんだ
    なんかもっと変わった…ってゆうかゴツい料理を想像してた
    馬、昔乗ったねぇ…中学ん時だっけ?
    あれ以来?あの時ちょっとしか乗らなかったのに
    疲れたもん(笑)
    今は、南極かなぁ…
    寒いトコにすすんでいく2人がちょっと信じらんない!!
    凍らないように気をつけてよ(笑)
    写真期待してるからね~(^^)/~~~
    温泉入って風邪ひかないようにね

  2. さなえへ。コメントありがとう!
    あけましておめでとう!
    今日南極から帰ってきたよ~。10日間のクルーズだったけどアッという間だった!本当に素晴らしいところだったよ。
    イースター島も本当に素敵なところだった。私の好み。すごく小さい島だけどもう1回行きたいと思うところだった。
    あっ。ペンギンは連れて帰れなかったからさなえママに謝っといてね~。

コメントを残す