海の中のモアイ

イースター島の滞在期間は、なか4日。前半のんびりしすぎて、残りあと2日。どこにも行っていないので、ちょっと焦る・・・。

とりあえず、ダイビング。海の中のモアイに会いに行く。

水温は20度。インナーとフードをつけたので、寒さは問題なかった。ここでSPF70の出番!でも肌の露出部分が手首と足首のみなので、いまいち効果が分からなかった・・・。

ボートで5分ほど行ったところでダイビング。島のホント近く。

Moai sinks in the sea

すごい波が高い。海の中もなんだか流れがあり、とても潜行ロープを離す気になれない・・・。今までと全然違うので息が荒く空気の減りが早い。焦り始める私に気づいたガイドが手を伸ばしてくれたので、ここでもがっちり最後までこの手をキープ。

でもモアイにたどり着いたとき、すごくびっくりして思わず手を離す・・・。流されそうになり、すかさず掴んだのがモアイの鼻。すごくヌルヌルしていた。ここでガイドが一緒に写真を撮ってくれた。

Like shit・・・

右が太郎。ゆらゆらする私を必死につなぎとめてくれてるけど、モアイに座ってない?

イースター島の海は透明度バツグン。めちゃくちゃキレイ。お魚は全然いないけど。島には川がなく、また周りにも島がないからこんなにキレイなんだって。

海の中のモアイ。なんで沈んだのかな?重さ何トンもあるものなのに。フリ・モアイという民族間の争いで?それにしては結構島から離れているところに沈んでいる気がするけど・・・。それにしてもモアイの耳は結構長い。やっぱりイースター島に住んでいた民族は耳長族だったのかな?そういう説もあるらしい。

午前中のダイビングを終え、午後は島内バイクで半周予定。とりあえず腹ごしらえ。

Empanada

これはエンパナーダというパイ。中身は店によっていろいろ。私たちがオーダーしたのはツナ&チーズ。これがすごく美味しい!!イースター島にきて1番のヒットだった。しかも1個400円ほど。安くて美味しいものって素晴らしい。

まずはオロンゴ儀式村へ。イースター島で唯一有料の観光場所。有料と言っても1人US$10なんだけどね。

Motu kaokao&iti&nui

ここから見える3つの小島。島とはいえないくらい小さい。モアイ信仰が衰退し、鳥人信仰に人々の心は移っていく。その大きな原因は、モアイやカヌーの生産に大量の木材を必要としたため。そのため、森林は失われ、人口増加に伴う食料確保など様々な問題がでてくるようになる。

そこで鳥の卵が貴重なものであることを発見する。貴重な食料。豊富な栄養源にもなりうる。この3つの島に、渡り鳥がやってきて卵を産む。その最初の卵を採りにいくため、若い階級の戦士?たちは様々な訓練をする。断崖絶壁の上り下りや泳ぎなど。

2km先の3つの島へと断崖を下り、泳ぎ、卵を採りに行く。その卵を最初に受け取ったものを鳥人とし、その鳥人が島を治める。そしてその鳥人は大創造神、マケマケの化身なんだそう。それにしてもトライアスロンのようなハードな行事・・・。

これがマケマケ神の岩絵。ちょっと気難しそうかも・・・?

makemake

ここはこれくらいにして、次はラノ・ララク。モアイ製造工場跡。ここが1番歴史を感じる場所だった。

Rano raraku

あちこちに無残に転がっているモアイ像。大きさも違えば顔つきもいろいろ。困っている顔に見えるものとか、悩んでそうな顔に見えるものとか、悲しい顔とか。笑っている顔はなかったなぁ。 後ろに見える岩山から岩を削って作ったようだ。

Rano raraku

Rano raraku

このモアイが妙に気になる。首をかしげているからかな。何か今にも口を利きそうに見える。もしモアイがたった一言だけしゃべるとしたら、何て言うんだろう?運ばなくていいから最後まで作ってとか・・・?

イースター島の歴史。まだ謎が多い島。ポリネシア人がカヌーでこの島に上陸し、先住民を滅ぼし定住を始め、6世紀頃からアフやモアイ作りを始め、それが最高潮に達するのは12世紀から15世紀にかけて。この頃から人口が急増し、食糧確保の問題や森林破壊による生態系の破壊を招き、更には部族間の争いまで引き起こす。

この争いが「フリ・モアイ」と呼ばれる戦争。各部族の象徴であるモアイを引き倒していく。そして勝者は敗者を炉で焼いて食べていたという。イースター島には食人の伝説が数多く存在するそうだ。

その後、欧米の船が上陸するようになり、ペルー船が島民のほとんどを奴隷として連れ去る。過酷な労働をさせられたり、伝染病にかかったりで、島に戻れたのはたった15人。でも伝染病も一緒に持ち帰ってしまう。

その3年後、フランス人ポルニエが君主となるが、悪政と伝染病、虐待などで、島の人口は著しく減る。加えてキリスト教の伝来により、島の文化は否定され、ポリネシア文化で唯一の文字、ロンゴロンゴが記された物も、宣教師により完全に焼却される。そしてモアイ製造の目的や独自の文字、ロンゴロンゴの解読など、多くの謎を残す・・・。

今はチリ政府の下、観光地の道を歩んでいる。

こんな状況を何世紀も見てきたモアイ。その顔つきは悲しみで溢れているように見えてしまう。苦しい顔に見えてしまう。

そういえば、日本の大仏も、そんな風に見える。以前お坊さんが言っていた事だけど、大仏は世の中を見ているけど、そこは無常の世界で、争いが絶えず、欲をむき出しにする世界。そんな世界を両目ぱっちり開けて見てられないから半目で見ているんだと・・・。子供ながら、冗談には聞こえなかった。

まあモアイには目がぱっちりついていたんだけど・・・。

ラノララクをしばらく散歩。山の頂上まで登ると、下からは全然分からなかった、火口湖が広がっていた。

a crater lake

キレイ!そしてここにも大量のノラ馬。左下に見える黒いものは馬。写真に写っていないけど更に左にたくさんいた・・・。火口湖はここのほかにあと3つある。水の主要供給源。

ラノララクの丘を登る途中、振り返るとアフ・トンガリキが見える。15体並んだモアイ。アフ・トンガリキまでが今日のルート。

ahu tongariki

このモアイたちも、フリ・モアイで倒されていた。けど、日本のクレーン企業、タダノという会社の全面協力の下復興。15体並んだモアイも圧巻だけど、モアイが立てられているアフ(祭壇)も立派。石だけでこんなにキレイに作れるものなんだと思った。

このあと、不思議なパワーを持つという石を触りに行く。

Te pito o te henua

これがその石。テ・ピト・オ・テ・ヘヌアという名前。呪文みたい。それにしても、まぁるい石。つるつるだし。私も太郎も親近感を感じる石だった。

バイクでの移動。ラクちんだけど、服が真っ黒。すごい土臭い。耳の中も砂だらけ。せっかくランドリーサービスにだした服もあっという間にドロドロ。まぁいっか!

2 コメント

  1. ブログ村より来ました。
    水中モアイすごいですね!!
    私も先日ダイビングライセンス取ったんですが
    オープンウォーターでも潜れる深さなんですか??
    俄然イースター島でダイビングやる気まんまんになって
    しまいましたー!
    これからも楽しいブログ楽しみにしています♪

  2. みゆきさんへ。コメントありがとうございます。お返事が遅くなってごめんなさい。
    みゆきさんもプーケットでライセンス取得されたんですよね。ぜひぜひ海の中のモアイ、見にいって下さい。寂しそうに海の中を見つめているので・・・。
    OWのライセンスがあれば大丈夫です。逆に体験ダイブだとダメみたいです。取っててよかった~と実感できます。
    今年もお互い良い旅ができるといいですね!
    英会話学校、楽しく通って下さいね!応援しています。

コメントを残す