シドニー最終日

旅行でこんなに長く同じ場所にいたのは初めて。早く別の街に行きたくてうずうずする気持ちと寂しい気持ちが併存する。

最後だしシドニーならではのことがしたい。でも思いつかない・・・。やっぱりオペラハウス?
そういえば、水上タクシーに乗ったことないから、乗ってみよう~。海からシドニーを見てみることにした。

水上タクシー

水上タクシーから

水上タクシーから2

水上タクシーから3

水上タクシーハーバーブリッジ下

水上タクシーからハーバーブリッジ

やっぱりシドニーといえばこの風景。しばらく見納め。サーキュラーキーからダーリングハーバーまでこのタクシーで移動。そこからハーバーブリッジへ。ブリッジクライムをやってみることにした。

ブリッジクライムとは、ハーバーブリッジのアーチの部分が階段になっていて、そこをてくてく登って頂上で(写真だと国旗がたっている場所)折り返して戻ってくるアトラクション。結構こわそう。一応命綱もつけるらしいし・・・。

申し込みをするため受付を探すが、見つからない。橋に向かって歩いているとパイロン・ルックアウトとかいう展望台についた。夫のトイレが限界に近く、ここでトイレを借りる。

ここの受付に行くまでに結構な段数の階段を登る。登っていくと所々に当時の橋建設に係った作業員のマネキンが飾ってある。夫は、そのマネキンに「トイレはどこですか?」と聞いていた・・・。かなり切羽詰ってたのかな?

無事にトイレを済ませ、ブリッジクライムの受付探し再開。何となくぶらぶら歩いているうちに橋の遊歩道にでた。登らなくてもいいや~って気分になって、遊歩道で向こう岸まで渡ることにした。

向こう岸はキリビリという町。すごーく落ち着いた雰囲気で生活観のある高級住宅街って感じ。うろうろ散歩。そのうち疲れ果てて、歩いて帰る元気がなくなり、船で戻ることに。

船を待っている間にネパールの人とお友達に。
私たちはよく2周目のルートについて話す。このネパール人と会う数分前に、「2周目はエベレストも外せないね~」という会話をしていた。シドニーは本当に国際的な街だと実感した。

3人で船に乗る。船の中でチケットを買う。ふと財布をみると10ドル20セントしかない。20セント足りないらしい。支払い方法は現金のみだし。困っていたら、ネパール人が足りない分を出してくれた。(ダーリングハーバーで20セントはお返ししました)

船に乗っている間も私たちのつたない英語にも屈せずいろいろ話してくれる。ドライフルーツもおすそわけしてもらった。彼は工学関係の勉強をするために2週間前にシドニーに来たらしい。そして、5ヶ国語ほどしゃべれるそうだ。年齢は私と同じ26歳。サーキュラーキーについて、お金を返す。メールアドレスを交換。いつかネパールへ行くときはよろしくね!

ベルリッツ、無事レベル1修了~!!

このまま通えばもっともっと上達するんだろうけど・・・。数ある英会話スクールのなかで、会話重視の私たちはここを選んで大正解でした!

コメントを残す